BADRUN:

 

     
      
≪ 過去へ ≪

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんとりー  ろーど
2014.05.11 (Sun)

hakusyuu1405-1.jpg





道端に腰を下ろした。

耳をすませば 初夏の水音(あしおと)が聴こえる。

しっとりとした朝に カッコウの鳴き声が響き渡る日も近い。 







hakusyuu1405-2.jpg



OLYMPUS XZ-2

スポンサーサイト

ひだまりの場所
2014.04.26 (Sat)

setsubunsou1404-01.jpg





皆野寄居有料道路の幾つかのトンネルを抜けると 雪国だった。

有名な小説の冒頭と 同じ世界があった。

トンネル出口の両端には 3メートルほど 除雪された雪の壁が築かれていた。
 






setsubunsou1404-02.jpg







たしかに数週間前 東京でも記録的な大雪が降った。
だが いまではすっかり融け 日陰にわずか残すばかりだった。

無理すれば 東京へも通勤圏内であろうこの土地に これほどの雪が残っているとは思いもしなかった。






setsubunsou1404-03.jpg



OLYMPUS OM-D E-M5

つるぼ
2012.10.04 (Thu)

とりたてて人間が好きって訳じゃない。 

むしろ 関わらないで生きていけたなら それに越したことはないと思っている。

turubo0909-1.jpg


「あら! ネジバナかしら? 」

写真を撮っていると 話しかけられることが 多々ある。 
大抵は「ええ」と簡潔に答えるか 軽い会釈程度で済ませることにしている。 
面倒くさいというよりも 見知らぬ人とどう関わって良いのか 戸惑ってしまうからである。

写真に夢中になってる振りをして 少しばかり時間をずらしてから振り向く そのわずかな時間の合間に通り過ぎて行ってくれればと いつも願っている。
大抵は思惑どおり 通り過ぎてくれる。


tsurubo1207-1.jpg



その花を覗き込んでくる人の気配が ファインダーの端にチラついて 煩(わずら)わしくて仕方がない。

「ネジバナとは違いますね 」
ファインダーを覗き込んだまま そう答えた。

横の人影が さらに花に近づき
「あらほんと ネジバナとはちょっと違う感じだわよね 」
その声の感じからして年配の女性だということがわかる。

「なんの花かしら? 」

彼女の方を見向きもせずに
「・・・・・・・・・そうですねぇ ・・・前に調べたことがあったんですけどね 忘れちゃったみたいで 」

昨年 荒川の土手でこの花をたくさん見つけた時 ネットで調べていたのだが 三文字の名前だったこと以外 思い出せないでいた。



turubo0909-4.jpg



アスファルトの道は真っ直ぐ なだらかに下(くだ)っており 右手は緩(ゆる)やかな傾斜をもった2メートルほどの高さの土手になっていた。 
下に行くほど土手の高さは増し 急勾配になっていて その上には四階建ての団地が三棟 間隔を置いて建っている。

その土手の斜面には 淡い紫色の小さな花が所どころ 塊となって咲いていた。




turubo0909-7.jpg



彼女が立ち去る気配もみせないので 仕方なく振り向いた。

白髪(はくはつ)の小柄な女性の口元が微笑んでいる。

その白髪は耳を隠すくらいのショートカットで 白い2本の縦ラインの入った黒いトレーニングパンツを穿(は)き ジョギング中か散歩途中であるろうかと思われた。

白いTシャツの袖口から出ている腕には 無駄な贅肉が付いておらず 全体のシルエットからも痩せている事がわかる。
かと言って 背筋を伸ばし すっくと立ったその姿は 病的に痩せているって風には見受けられなかった。
歳をとって無駄が省かれ 自然に痩せていったという 年配の人によく見受けられる体型であった。



turubo0909-3.jpg




この時いちばん輝くのはなぜ
2011.12.01 (Thu)




Panasonic LUMIX G3

赤いコスモス 
2011.11.07 (Mon)














akaicosmoes1111-3.jpg



Panasonic LUMIX G3

咲き残ったヘブンリーブルー
2011.10.18 (Tue)













シルクの闇の中で あんなにうなだれ うつむいていたくせに
どうなんだい きみの想いは きみの叫びは 天空まで届いたのかい。




heavenlyblue1110-2.jpg



Canon PowerShot G11

≪ 過去へ ≪    HOME
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。