BADRUN:

 

     
      
≪ 2005/04 ≪ ≫ 2005/06 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ELEVATOR
2005.05.31 (Tue)

elevator-1.jpg

 やさしさの 押し売りでもいい  ひとりで 歩き出せれば
 自立できるんだったら  涙も流せる

elevator-2.jpg



スポンサーサイト

薔薇の苛立ち
2005.05.30 (Mon)

rose-11.jpg

 きみの 苛立ちの 意味は わかる  
 でも その苛立ちが 収まるまで ぼくには なにもできないんだよ。


rose-12.jpg

 前に進もうとすれば 一方通行の出口まで 振り返ることはできないよ。  
 さあ 手を振ってあげるから。


rose-13.jpg



こころのやみ
2005.05.29 (Sun)

blackrose-1.jpg



そんな人だと

思っても みなかった

裏切られたって

怨み 辛みを

口にするけど

blackrose-2.jpg



自分に

都合のいいことだけを

信じてきた

結果でしょうに




引きずり出すものを

ぜんぶ

引きずり出したら

わめくが いい

blackrose-3.jpg



2005.05.28 (Sat)

sasa-1.jpg

sasa-2.jpg

食べ尽くされて

しまうのだろうか

感情の

起伏の中に


許せない

感情って

いったいなんなんだ

それならば いっそ

無視  し

つづければいいのに


表裏一体
2005.05.26 (Thu)

akebi-1.jpg

 うらも  おもての深さと  かわりはない   光が あたらないから  深く感じるだけ  

akebi-2.jpg

 現実として  未来に  光があたったことはない  あるとすれば幻想   闇のなかから 探さねば

akebi-3.jpg

 留まるには  力が必要   落ちるには  意思は必要ない。   どっちにしろ 未来はやって来る。

akebi-4.jpg

たいようのすまいる
2005.05.25 (Wed)

rose-1.jpg

rose-2.jpg


綺麗 という理由だけで

愛されるは  道理



勝てるわけがない。

rose-3.jpg

 太陽の光の egao がなければ  美しさも  引き出せないはず

 それを 下敷きに 考えれば 何が一番大事か 自ずと 解るはず     時は短い。 

rose-4.jpg




One hour
2005.05.24 (Tue)

date.jpg

  幾つになっても   この   一時間を   大事にしたい。



weed
2005.05.23 (Mon)

niwazekisyou-1.jpg

niwazekisyou-2.jpg



あなたの 

秤(はかり)で

量っても

僕の 目盛りが

足りないのです。


踏みつけるも エゴ

保護するも エゴ

niwazekisyou-3.jpg

niwazekisyou-4.jpg

niwazekisyou-5.jpg

ほ ほ え み
2005.05.22 (Sun)

kaidou-1.jpg

kaidou-2.jpg

 君の明るさには  太陽だって  負ける   大丈夫  間違っちゃ いないよ。

kaidou-3.jpg



あ ひ る
2005.05.21 (Sat)

ahiru-2.jpg
その 
思い上がった同情心に 
鉄槌を喰らわせてやる。

おまえに 
何が出来ると言うんだ。

重さも背負わず
やさしい目で見るのなら 
憐れみと言うしかないだろう。



ahiru-3.jpg
その わかりきった
つもりの目が
さらに 重石をのせる。

自然の淘汰に任せれば
血の涙を流して
唇 噛めば
一時の我慢で
終わると言うのに。

傷口 広げたまま
一生過ごせと言うことか。



ahiru-4.jpg
白鳥に
なれなかったものには

残酷な
自然の淘汰のほうが
やさしさ
だってこともある。




逃 亡 者
2005.05.20 (Fri)

torawarenomi.jpg

 街を 出ようと した時には すでに 囚われていた。
 心臓に 強く 食い込んでいたものが 総てだったってことに 
 気がついたときには もうすでに 離れられなく なっていた。

 朽ちて 忘れ去られるまで 抜け出すことはできない
 そう思うと この街も まんざらではない
 心臓のあたりを 一刺しにしてくれたことに 感謝したい。


  

争う気持ちはさらさらない
2005.05.19 (Thu)

asebi-1.jpg

asebi-2.jpg

綴れない 思いもある

見透かされてしまう

重さに 耐えかねて

うつむいてしまう

あなたに 

戦い挑む 気持ちもない




か た つ む り
2005.05.18 (Wed)

katatumuri.jpg

  トラウマなんて   言葉じゃ   言い表せない
  どうしても   踏み出せない   一歩がある
 
  こころ と 感情 を持った   いきものが   こわい時がある。



む ぎ か ぜ
2005.05.17 (Tue)

mugikaze-1.jpg

 揺れ動く  こころが  魂を  くすぐる。

mugikaze-2.jpg

 風や嵐に  揺れ動かないものが  実る  はずないじゃないか。

mugikaze-3.jpg

 だから   きみは   すてき。


あるきつかれて
2005.05.16 (Mon)

kagi-1.jpg

 いつまで  沈んでいるつもりなのだろう

 足枷(あしかせ)  していたほうが  安心できる。

kagi-2.jpg

 とうぶん  このまま  閉じこもっていようか

 こころに  鍵をかけてたほうが  妙(みょう)に  気分がいい。


十 字 架
2005.05.15 (Sun)

hiruzakitukimisou-1.jpg

hiruzakitukimisou-2.jpg

あ あ ~ ぁ


そんなに

きれいに

うけとめる

こころなんて

もっちゃいないよ。


hiruzakitukimisou-3.jpg



し つ れ ん
2005.05.14 (Sat)

rosesituren-1.jpg

 そうだね  ぼくが  してあげられることは  何も無いよ。

 ただひとつ    ただ ただ 泣く事だね。

 悲劇のヒロインになって  あたりかまわず  人目かまわず  泣き叫ぶことだね。 

rosesituren-2.jpg

 病(やまい)のまま  ぽっかり空いたあなを  埋めようとすると  目測を誤ることが  多いからね。 
rosesituren-3.jpg




ひかりは意味を持っている
2005.05.13 (Fri)

asanohikari-1.jpg


あなたのせいです。

と 言われたら

ごめんなさいと

言うしかないのです。



頭を下げて ごらん

ほら。 

朝の陽のひかりは 

奥まで届くでしょ。




asanohikari-2.jpg



白 い 薔 薇
2005.05.12 (Thu)

 きみが  咲くのを  ずっと  待っていたんだ。
siroibara.jpg

 刺さった 棘は 抜かなければね。

 でも  言葉の棘は そう簡単には 抜けるもんじゃない。

 増殖して腫れることはあっても 癒えることは無い。

 取り込んで 栄養にするしか 方法が無いと思うよ。

 それが 強いことなのか 弱いことなのか 僕にはわからないんだ。     
 
 ただ 咲くのを待っていただけだから。


toge.jpg

 君が 決めていいんだよ 何色に染めるか   薔薇の花言葉は いっぱい あるんだから。


 

ただ ただ 生きる
2005.05.11 (Wed)

rengesou-1.jpg

rengesou-2.jpg

 この世に 生きる 全てのものは     

 死ぬことを知らないはず

 ただ 唯一 

 生きるってことに 意味を見つけようとするから     

 人間って奴は 始末に悪い。

rengesou-3.jpg



沈み込む朝陽
2005.05.10 (Tue)

yosi-1.jpg


人間って奴は 面倒くさいよね


生きるのに

余分な 工程が必要だからね

そいつが いろいろとね

苦しめたり するんだよね


街は 貪欲で いつでも空腹 

満腹感を味わうことが

できないんだよ

だから 時々

街が 重く 沈んだりするんだ

yosi-2.jpg

たそがれいろの朝
2005.05.09 (Mon)

asanokage-1.jpg

  うん。  光の向うには  影があるよね。

asanokage-2.jpg

  木の葉の影だって   不安を抱きかかえて   揺れ動いて  いるとおもうよ。
 
asanokage-3.jpg



おはよう
2005.05.08 (Sun)

asatuyu-1.jpg

asatuyu-2.jpg

ぼくには 何も無いけど

君だけには

おはようの あいさつと

同じくらいの 気分で

愛してる って言える

そう  いつでもね。

asatuyu-3.jpg



救世主のように
2005.05.07 (Sat)

sinjyuku-t1.jpg

正義は

そんな 荒々しい

言葉は 

持っていないだろうに


sinjyuku-t2.jpg

戦う場所を

履き違えた

戦士は

本当の戦いを

知らない



血を流す事の

意味を

履き違えている

連なれ愛の言葉
2005.05.06 (Fri)

tutuji-1.jpg

tutuji-2.jpg

七重八重 ひとえに咲く
2005.05.05 (Thu)

yamabuki-1.jpg

yamabuki-2.jpg

 こかげに  咲いてこそ  やまぶき

yamabuki-3.jpg

涙 泪 涕 なみだ
2005.05.04 (Wed)

namida-1.jpg

 他人(ひと)の為に 流す なみだ なんて   自分への 慰めにしか 過ぎない。

namida-2.jpg

 でも   それが 必要。   とっても 大事なこと。

namida-3.jpg

 残された者への 最後の贈り物だから     ありがたく 頂いておく。

namida-4.jpg




YOU SHOOK ME
2005.05.03 (Tue)


fuji0505-1.jpg


fuji0505-2.jpg
揺り動かされ 
揺り動かされ

葛藤に

揺す振り続けられ 
揺す振り続けられ

ひと時の 安らぎも得られず

翻弄されて 
翻弄されて

むらさきに染まり

鉛の 飛行船は 

しなやかに 舞踊り

沈んでゆく。


fuji0505-3.jpg


fuji0505-4.jpg



谷空木
2005.05.02 (Mon)

taniutugi-1.jpg

taniutugi-2.jpg
あらためて 
気づかせてくれなくても
いいのに

気づいてしまったから
こころの 奥底に 
仕舞い込んで 置いたんだ

正論なんて 
何も出来ない奴の 
理論だったんだって事に

こころのなかに
ぽっかりと 穴があいた


taniutugi-3.jpg



朝だって悲しい顔をする
2005.05.01 (Sun)

asahi-tuyu-2.jpg

asahi-nazuna-1.jpg

asahi-nazuna-2.jpg
あんたが 得意げに
喋り続ける 悲しいニュースは
僕の 耳には届けないでくれ


知らなくていい 悲しみなんて
いっぱいあるはずなんだ


僕には あんたの その口の
スウィッチを 切るしか
方法が無いのだろうか

asahi-tuyu-1.jpg




≪ 2005/04 ≪    HOME    ≫ 2005/06 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。