BADRUN:

 

     
      
≪ 2005/12 ≪ ≫ 2006/02 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いそがなくても かならずそのときはくる
2006.01.29 (Sun)



 ほほをつたう ものの 恥ずかしさから うつむき たたずむ ぼくの肩を ポンと たたいた。
 
 「うまれ かわるから。」  


momiji060129-2.jpg

 はらりと ちいさいあかごの手のような もみじが散った。
 
 あたたかいものが ゆきをとかす。

momiji060129-3.jpg




スポンサーサイト

合図 signal
2006.01.27 (Fri)



 だいじょうぶって だいじょうぶじゃないっていう サイン。


cyclamen060127-2.jpg

 泣かないって いまにも泣きだしてしまいそうっていう シグナル。 

 うつむいて じっと くちびるをかみしめる。



cyclamen060127-3.jpg





甦るとき
2006.01.26 (Thu)



 この一瞬の時間(とき)を見つめる者は
 後ろを振向くことはしない。

 この時間(とき)の意味を知る者は
 過ぎ去った時間(とき)を きちんと背負う事ができる。


akamurasakinisomaru060118-2.jpg




荒野に降るゆき
2006.01.21 (Sat)

エリカ




エリカ




heath060121-3.jpg




heath060121-4.jpg




なにかがめざめてくる
2006.01.20 (Fri)



 ざわざわざわ と 何かが目覚めた。
 ぱきぱきぱき と 枯れ枝を踏んで 何かが動き出した。
 びょうびょうびょう と 悲しい悲鳴を上げて 何かが泣き叫んだ。

zawameki060118-2.jpg

 晴れるとわかっていても 何ひとつここに とどまるものはない。
 その しゃがみ込んだ胸の中に いったい 何を隠し持っているんだい。

zawameki060118-3.jpg

 闇の部分に 映し出せるのは ぼやけてかすんだ感情。




しゅんらい
2006.01.19 (Thu)





cymbidium060116-2.jpg



cymbidium060116-3.jpg




熱情のみちしるべ
2006.01.18 (Wed)



 北風を遮る南向きのベランダの陽だまりの中
 日の出のオレンジと夕陽の真紅を とりこんで
 真っ青な空から降りそそぐ 白銀の光を浴びている。

boke-red060117-2.jpg

 きみに出会えてよかった。 
 あのまま迷いつづけて 彷徨いつづけていただろう。

boke-red060117-3.jpg

 洗濯物を干すきみが 「あたたかいね。」 ってつぶやいた。




幻惑に沈みこむあの街に還ろう。
2006.01.17 (Tue)





gensounomati060116-2.jpg



誠実な愛情
2006.01.16 (Mon)



 夢を叶えようとする きみに送る


cymbidium060115-2.jpg

 前を見る と決めたなら 未来を睨みつけてやれ。 
 
 希望は必ず叶う 恐怖も不安も 味方につけろ。


cymbidium060115-3.jpg




人間でよかったのだろうか。
2006.01.15 (Sun)





kamo060113-2.jpg

 おもいっきり 投げたはずなのに 跳ね返って 自分自身に 衝き刺さった。

 こんなにも 痛くて   これほどにも 苦しくって

 人間でよかったのだろうか。








   意味があるのだろう いま 痛いことも 苦しいことも 

   いくつもの終焉を迎えた 遥か彼方の布石のために   きっと きっと きっと

   意味あって この魂は 人間を背負わされたのだろう。





何にしがみつき何を想う
2006.01.14 (Sat)




aogiri060113-2.jpg


aogiri060113-3.jpg


aogiri060113-4.jpg




boots
2006.01.13 (Fri)




Fly boots 青空に 飛び出せるかもしれない。



boots060113-2.jpg


            きれいごとじゃなく さらけ出せるかもしれない。


鼓動が聴こえるほど近くで
2006.01.09 (Mon)



 脈を打っているのが わかるくらい 近くで


nisikigi060108-2.jpg

 柔らかさの違いが わかるくらい 近くで
 

nisikigi060108-3.jpg

 0.1℃の温度差が わかるくらい 近くで

 
nisikigi060108-4.jpg

 暗闇でも 泣いているのが わかるくらい 近くで



君の胸のなかに沈んでゆく夕陽
2006.01.07 (Sat)



 はだかる 黒い雲を 切り裂けたでしょうか。   かたちの無い 力が必要なのです。


yuuyake060105-2.jpg



yuuyake060105-3.jpg




ねぇ。 意味もなく零れおちるものなんてないよね。
2006.01.06 (Fri)




yukidoke060105-2.jpg


yukidoke060105-3.jpg


人目につかぬところでも咲けるのがやさしさでしょうか
2006.01.05 (Thu)



 ひとりで でも 泳ぎきる力をつけることが やさしさを受け入れる 条件なんでしょうね。




時を駆け抜ける魂
2006.01.04 (Wed)



 間違っていたのか 正しかったのかは わからない

 まっすぐに生きようとした魂は 時の中で 姿を変え かたちを変え 生きつづけ 育ってゆく。



 
tokiwokakeru060104-2.jpg





オレンジ色の街
2006.01.03 (Tue)










夜明け前
2006.01.02 (Mon)







≪ 2005/12 ≪    HOME    ≫ 2006/02 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。