BADRUN:

 

     
      
≪ 2006/05 ≪ ≫ 2006/07 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.29 (Thu)

へらおおばこ1 大葉子科



へらおおばこ2 大葉子科



へらおおばこ3 大葉子科



スポンサーサイト

まっかな霧に包まれてゆく
2006.06.27 (Tue)



 希望を抱いて昇ったのだろうか
 夢を抱いて 沈んだのだろうか

 この街は

sinkunomati060626-2.jpg




sinkunomati060626-3.jpg



いつのまにか
2006.06.27 (Tue)

やぶがらし1 ぶどう科

 気がつかないうちに芽生えている
 知らず知らずのうちに 占領されている。
 

やぶがらし2 ぶどう科



一瞬の夢のようにそれは通り過ぎた。
2006.06.26 (Mon)

energy060615-1.jpg

 熱い情熱を消す間もなく
 握りつぶした しわくちゃになった夢を 広げてみても
 破り捨てた 想いを 繋ぎ合わせてみても

 何も変わらない今日が ここに ころがっている。
 
 明日を夢見ようにも 今日の一歩を踏み出さなければ始まらない。
 無駄だとおもう明日に繋げる わずかな夢を握り締めて。







ブラジルから来た花
2006.06.24 (Sat)

フェイジョア1 フトモモ科



フェイジョア2 フトモモ科



フェイジョア3 フトモモ科



時は待つことを知らない。
2006.06.22 (Thu)

びょうやなぎ1 おとぎりそう科

               その時・どきに見せる表情に
               微動だにできず 魅入られてしまう。
 
びょうやなぎ2 おとぎりそう科

 そうあの時の忘れて思い出せない あの感情
 はだかでなげだされたとしても 羞恥心の欠片も持たない。

びょうやなぎ3 おとぎりそう科

 ひとに怪訝な表情で見られたとしても
 瞳に入るのは 揺れ動く光の感情。
  
びょうやなぎ4 おとぎりそう科

 
 お願いだ燃え落ちそうな 魂を受け止めてくれ。

びょうやなぎ5 おとぎりそう科



light blue
2006.06.21 (Wed)



 梅雨の晴れ間 霧雨の光をあびて輝け
 たくさんの涙を吸収してこそ 季節の花



あの青空の向こう
2006.06.20 (Tue)



             あの丘の向こう
             望めばきりがない。

             きみにたどり着ければ それでいい。




いにしえの
2006.06.19 (Mon)



 一晩中音をたてて泣き続けた霖雨も 
 明るさを増すたびに 霧雨へと変わった。


maturi060617-2.jpg

 清められた アスファルトは
 街の喧騒を呑み込み 騒音の中に静寂をもたらす。


 古老のかしわ手を打つ音が ひとつふたつ ・・・ ビルの谷間に鳴り響いた。

maturi060617-3.jpg



輝きを失っても
2006.06.18 (Sun)

アスチルベ ゆきのした科

               人の言葉で輝きを失ったとしても
               ぼくの眼には 曇り空の下でも
               充分 輝いて見える。


アスチルベといちもんじせせり




carmine
2006.06.15 (Thu)

red 1

 こころの中にまで入り込めないから。


red 2

 自分のこころすら探し出せないのだから。


red 3

 棘を持つ言葉や態度に気づかなかった。

 ごめんなさいの素直な気持ち。





雨の日の言葉
2006.06.14 (Wed)



 恩着せがましく やさしさの押し売りをするよ。

harajyuku060614-2.jpg

 感覚が麻痺するくらい めいっぱいにね。
 気がつくたびに 重い荷物を持ってあげよう。
 あたりまえの感覚になるように。


harajyuku060614-3.jpg

               こころが軽くなって きれいでいられるように。

 
harajyuku060614-4.jpg



あした う・ぅ~ん きょうがいい
2006.06.13 (Tue)

ガクアジサイ 1

 なにも隠すことなんか無い。

ガクアジサイ 2

 悲しみの数も 幸せの数も

ガクアジサイ 3

 涙の数なんて数えたことは無い。
 悲しみの涙の数も  幸せの涙の数も

ガクアジサイ 4

 ただ流れ落ちて 救ってくれる。





猫と花 しりーず。
2006.06.12 (Mon)



 愛されて育てられた猫は 美しい。
 これは まぎれもない事実。
 愛されるのなら 一生愛され続けて欲しい。


neko060423-2.jpg

 野良猫やドブネズミが美しいなんて フィルターを透すから
 ゴミやドブが美しいなんて感じるのは 手を突っ込んで見ないから


neko060423-3.jpg

 警戒心をもったまま信じようとしないくせに 人からのエサを当てにする。
 その荒んだ心と躰でいるのなら 
 いっそ野生に戻って贅肉のこころ 削ぎ落とせば 
 もっと美しくいられるだろうに。  


neko060423-4.jpg

 だが ゴミやドブのなかに手を突っ込み 
 野良猫やドブネズミのように こころの何かを棄てる事が出来たら
 ぼくはもっと楽に生きられたのかもしれない。






neko060423-5.jpg

 特別 猫が好きって訳ではないのだけれど
 やっぱり生まれ変われるのなら 野良猫でもかまわないから ねこがいい。



たりなさをおぎなうには
2006.06.10 (Sat)

蛍袋 1

   この想いを日陰のこころに閉じ込めて 光らせてみようか。


蛍袋 2

   淡くひかる情熱に 気づいてはもらえないのだろうか。  


蛍袋 3




夏の予感
2006.06.08 (Thu)

立葵 1

 朝陽の静かな光のなか 
 初めての風鈴の鐘の音が ひとつ 鳴り響き空気をひんやりさせた。
 花蜂の羽音もやさしく聞こえる。


立葵 2

わがままなひかり
2006.06.07 (Wed)

マーガレット1

 このひかりが明日とどかないかもしれない。


マーガレット2

 だから 今日なんだ。  今日じゃなきゃだめなんだ。


マーガレット3

 息を呑む一瞬に消えてしまう。


マーガレット4



あかいはな
2006.06.07 (Wed)

咲き遅れた日陰のボケの花


akaihana060607-2.jpg




ふたたびトリック劇場版つう
2006.06.04 (Sun)

ヒトツバタゴ1



ヒトツバタゴ2



ヒトツバタゴ3



ヒトツバタゴ4

 わかるひとにはわかる。
 天使は雨粒の光のなかに再び もどっていった。

ヒトツバタゴ5



きみの明るさのなかにある少しばかりの淋しさ
2006.06.02 (Fri)





rosepink060531-2.jpg



rosepink060531-3.jpg

 後ろから見つめると きみの淋しさがわかる。


rosepink060531-4.jpg

 返ってくる返事はわかっているけど
 「ねぇ。 何かあったの?」 って手書きのラブレター出そうかな。


≪ 2006/05 ≪    HOME    ≫ 2006/07 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。