BADRUN:

 

     
      
≪ 2006/06 ≪ ≪ 過去へ ≪ ≫ 2006/08 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うけとめて そして
2006.07.31 (Mon)

つめくさ1 なでしこ科

 

 だいじにだいじに 包み込んで
 あしたが怖くないように 泣いた分だけ勇気が育てられるように

つめくさ2 なでしこ科




スポンサーサイト

女神のような澄んだココロに
2006.07.30 (Sun)

なつずいせん1 ひがんばな科

 いつもきれいでいたいと思うココロはあるけれど
 女神の様なやさしさなんか持てやしない。


なつずいせん2 ひがんばな科

 たったひとつの言葉で 萎縮してしまう
 
 たくさんの悪魔の言葉が 生身の肉体から湧き出してきて
 それのひとつひとつと格闘しては 石に変えて積み重ねてゆく。


なつずいせん3 ひがんばな科

 何度も何度も同じことを繰り返ししては
 ぼくのなかの悪魔が枯れることを望んでいる。
 
 負けてしまうかもしれない不安定の中で 必死にバランス摂ろうとしている。
 
 
なつずいせん2 ひがんばな科



こんな気分の時など山ほどあるさ
2006.07.29 (Sat)



 それはそれで ずぶぬれになってしまえば あきらめもついて 楽しいもんさ。


つゆくさ つゆくさ科



簡単な簡単
2006.07.29 (Sat)

アガパンサス4 ゆり科

              探さなくてもいい そこにいるから
              まだ まだ見つけられないんだよ そう簡単にはね。

              ふっきってごらん ほら。 そこにあるでしょ。


アガパンサス5 ゆり科



薄曇りのカーテンの光の中で
2006.07.27 (Thu)

はるしゃぎく1 きく科

 蛇の目の傘もいらないくらい 元気だ。
 薄日の柔らかい陽射しの中でも がんばっている。

 はれぼったい雲の 薄い場所を探しては 
 太陽は少しばかりの光を投げかけた。

 それでじゅうぶんと言わんばかりに そよ風に揺れた。

はるしゃぎく2 きく科




遠くから見た景色は綺麗だったのだろう。
2006.07.27 (Thu)

ぼたんくさぎ1 くまつづら科

 僕等が夢見た子供の頃の正義は 知るたびに色褪せてゆく。
 「知る」と言う欲望は果てなく 何が正しかったのかを麻痺させてしまう。

 与えられた まやかしのライトののなかで 操られた振りをしてみせる。
 光のあたらぬ隅に隠れたりしては
 僕等が夢見た子供の頃の正義は 絶対正しいんだって。 つぶやいてみる。


ぼたんくさぎ2 くまつづら科



きいちご
2006.07.24 (Mon)

木いちご1 ばら科

どんな甘い味がしたのか忘れてしまった。


木いちご2 ばら科

 馴らされた大人の日常の中で


木いちご3 ばら科

 子供の頃の 夢中 の味がした。

 熟しきってしまうまで 後戻りできない。 
 含んだ口に苦味が残った。


木いちご4 ばら科



なんてん
2006.07.23 (Sun)

なんてん1 めぎ科


なんてん2 めぎ科



電子のなかに季節を追い求めてはいけない
2006.07.22 (Sat)



              人に期待することを求め始めたら


tulip060722-2.jpg

              開放できなくなってしまう
              いつしか自分に足枷をしてしまう。


tulip060722-3.jpg



明日は晴れるといいな
2006.07.20 (Thu)





ajisai060719-2.jpg




ちから強くなくてもいい
2006.07.19 (Wed)

おおきんけいぎく1 きく科

 さあ。 一歩を前にと踏み出してみるんだ。
 始まる 始まる きっと始まる。

 苦しみ抜いた中からしか その言葉は拾えないんだ。
 それはありふれたどこにでも転がっている 簡単な言葉。

 そんな言葉が輝きはじめて 後押ししてくれる。



おおきんけいぎく2 きく科



禁止されたやさしい言葉
2006.07.18 (Tue)

つるはななす1 なす科

 幼稚園生でも使う励ましの言葉を否定されたら
 カウンセラーでもない僕は どんな言葉を使ったらいいのだろう。

つるはななす2 なす科

 人にも自分にも望むことばっかしだから
 ちゃんとしようとする正義の隙間から 何かが覗き出している。


つるはななす3 なす科




つるはななす4 なす科


よわいことば
2006.07.18 (Tue)



 ほんとうに天使が降りてきてくれないかなと 一瞬願った。
 
 何も見出せないまま

 過去から学べない奴らと同等だろう

 この一瞬だけでもいい 何もかも忘れて突き進む力を与えてくれ。

 

tensinokaidan060718-2.jpg


あしたが夜の向こうにあるなんて
2006.07.18 (Tue)

たちあおい あおい科






やはりもう口にすることは無いだろう
2006.07.17 (Mon)



 人が寄り集まれば 正義はひとつずつ消えてゆく
 どんなことがきれい事なのか わからないんだ

 お願いだ。 お願いだからもう少し もう少しだけ寝かさせてくれないか。


tonbo060716-2.jpg



やさしさの温度
2006.07.17 (Mon)

アガパンサス1 ゆり科

 ぼくの汚い部分をきみは罵るから
 ぼくはその言葉の温度だけを気にしている。

アガパンサス2 ゆり科

 朽ち果てる前にそのぬくもりを もう一度あたためるチャンス
 
 萎れ落ちる花びらの根元には 気づかぬうちに すべての種が芽生え始めている。

アガパンサス3 ゆり科


おしろいばな
2006.07.17 (Mon)

おしろいばな1 おしろいばな科

うすーくひきのばされたルージュの先には いくつものおとなの顔

おしろいばな2 おしろいばな科

 時折見せる真剣な表情は こどものまま

おしろいばな3 おしろいばな科



気づかないふりをしても
2006.07.16 (Sun)

おにゆり1 ゆり科

 きみの優美の背景には いつも涙

おにゆり2 ゆり科

 我慢することなく 落としてしまえば楽になるのに。

おにゆり3 ゆり科



依存するこころ ささえる魂
2006.07.16 (Sun)

ひるがお ひるがお科



からすうり うり科



夢見た朝は静かに熱を
2006.07.16 (Sun)

ちぇりー・せーじ しそ科



そんなもんなんだよ。
2006.07.15 (Sat)



 わずかながらの影の動きにも怯え この場所から冒険できないんだけれど


itotonbo060715-2.jpg

 楽しくて 楽しくて 楽しくて仕方なさそうに 自分の居場所を探している。


itotonbo060715-3.jpg





地上に落ちた果実
2006.07.14 (Fri)



 想像もつかない甘い香りを残し 天空に瞬く星のようにして地に還った。

ume060714-2.jpg

 いったい誰が 歓喜の声を挙げたのだろうか。


ume060714-3.jpg



藤青色
2006.07.14 (Fri)

ベロニカ1 ごまのはぐさ科



ベロニカ2 ごまのはぐさ科



ベロニカ3 ごまのはぐさ科



ベロニカ4 ごまのはぐさ科



受け止めたひかりの重さでほころぶ
2006.07.13 (Thu)

ルドベキア1 きく科

 決して無理をしない。


ルドベキア2 きく科

 前を向いていれば がんばらなくていい。
 

ルドベキア3 きく科

 零れ落ちる光まで 拾わなくてもいい。
 言い聞かせるように 滴り落ちる汗をぬぐった。


ルドベキア4 きく科




もなるだ
2006.07.13 (Thu)

モナルダ1 しそ科

 ムンッとした湿気の重さを含んだヒカリが降り注いだ。


モナルダ2 しそ科

 ジワッとした皮膚が呼吸も出来ずに とろけだしてゆく。


モナルダ3 しそ科

 痛みは痛みのまま ジッと滴り落ちるのを待っている。


モナルダ4 しそ科



モナルダ5 しそ科




見つめていたのは過去のプリズム
2006.07.09 (Sun)



 白濁した大気を映しだしている。
 切れ間から蒼虹色した光が映しだしたのは 過去。


ine060708-2.jpg

 過ぎ去った意識は沈殿して薄れてゆく。
 過去を栄養として芽生える未来は 苦痛がともなって当然。


ine060708-3.jpg

 有り余るほどの空間を持った 光の未来は
 頼り 依存する術が無くて 不安になって当然。

 自由という選択肢の中で苦痛を味わっている。
 脳ミソが自然を導き出すまでには まだまだ時間が掛かりそうだから。
 

ine060708-4.jpg



きみが棄てたもの きっと必要としてくれる人がいる
2006.07.08 (Sat)



 悲しい涙は溜めないで
 必要なくなったもの 捨てればいいんだよ。



down060708-2.jpg





2006.07.06 (Thu)

くちなし1 あかね科



くちなし2 あかね科




赤面する記憶がね あったような気がするんだけど。
2006.07.05 (Wed)

ひめひおうぎずいせん あやめ科

 なにも求めているつもりもなかったんだけど
 無意識の内になにかを望み過ぎたのかな


ひめひおうぎずいせん2 あやめ科

 時を数えているうちに 痛みを忘れてしまったのかな
 いつも傷つくのは誰だったんだろう

 漠然とした背景
 忘れてしまいたいこと たくさんあったんだけど 思い出せないんだ。


ひめひおうぎずいせん3 あやめ科




毒を持つ花
2006.07.03 (Mon)

きょうちくとう1 きょうちくとう科

 虚しい空洞を埋めるために 強くなったの
 強くなったから 毒を持ったの
 毒を持ったから 美しくなったの

きょうちくとう2 きょうちくとう科

 何を守ろうとしていたのかな  
 何を望んでいたのか わからなくなっちゃって
 弱くなって涙したら 萎(しお)れてしまうのかな
 
 そんな事無いよね。

 
きょうちくとう3 きょうちくとう科




≪ 2006/06 ≪    ≪ 過去へ ≪    HOME    ≫ 2006/08 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。