BADRUN:

 

     
      
≪ 2006/07 ≪ ≫ 2006/09 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても守らなくちゃいけないもの
2006.08.31 (Thu)




kome060831-2.jpg


kome060831-3.jpg


kome060831-4.jpg


kome060831-5.jpg


kome060831-6.jpg



スポンサーサイト

きみに触れた時のやわらかさに似ている。
2006.08.30 (Wed)

はす1


はす2


はす3


はす4

 ぼくがちょっと いやらしい事を言った時の はにかんだきみの笑顔に似ている。
 そんな時きみは 「どうしていつもそんなことばっかり考えているの。」 って付け加えるんだ。


はす5 



夏は何故か突然 寂しくなる。
2006.08.30 (Wed)





hinawari060830-2.jpg



ぼくの我が儘
2006.08.27 (Sun)

くれまちす1 きんぽうげ科

 ネコハグモの方が 生きるため 花の美しさの意味を知っていた。

 綺麗な花を撮る為に 絡みついた蜘蛛の糸を 指で取り払った。
 蜘蛛の糸で辛うじて 繋ぎとめられていた花びらが 一枚散った。

 ネコハグモは壊される巣の下で 握り拳のようになってジット耐えていた。
 ぼくの罪はいつだって ありきたりのところに転がっている。


くれまちす2 きんぽうげ科



朝を待ちきれなくて
2006.08.27 (Sun)

ふよう3 あおい科


ふよう4 あおい科


ふよう5 あおい科


ふよう6 あおい科


ふよう7 あおい科


ふよう8 あおい科



約束の地
2006.08.26 (Sat)

かんな1 かんな科

 いま立っている場所が 望んでる場所だと気がつかない
 その場所で なしえないことは場所を変えても同じことだと気づかなかった
 与えられた場所で がんじがらめに縛られても
 自己を主張して朽ちてゆく


かんな2 かんな科




梵  天
2006.08.26 (Sat)

やのねぼんてんか1 あおい科


やのねぼんてんか2 あおい科


やのねぼんてんか3 あおい科




お願いします 静かに送りとどけてやってください。
2006.08.25 (Fri)

さるすべり1 みそはぎ科


さるすべり2 みそはぎ科


さるすべり3 みそはぎ科



節目
2006.08.24 (Thu)



     竹の節は中から突くと 意外と薄くて脆い
     そんな弱さが集まって
     しなやかな強さを感じさせる


take060824-2.jpg



ほら 悲しみのココロの隅まで見つめられているよ。
2006.08.23 (Wed)

はす1 すいれん科

 錆び付いた汚い部分までも含めて もう 認めてくれているはず


はす2 すいれん科


はす3 すいれん科

 散った花びらは 音も無く静かにココロにとどまって
 その名前を呼べば いつだってあなたのココロを浄化してくれる


はす4 すいれん科

 その名前は 神様ではなく あなたに一番近い名前

はす5 すいれん科




日曜の朝
2006.08.20 (Sun)

つりがねにんじん1 ききょう科

 あさのひんやりとした しじまのなか


つりがねにんじん2 ききょう科

 めざまし時計の音が やさしく響いた

 あわただしくも無い 日曜の朝
 ひとりぼんやりとしている。


つりがねにんじん3 ききょう科



悲しいくらい いつだって夢を見ている。
2006.08.20 (Sun)

ふよう1 あおい科




ふよう2 あおい科




弓張り月
2006.08.19 (Sat)

きだちちょうせんあさがお1 なす科

 淡い夜の雲に滲んだ弓張り月


ちょうせんあさがお2 なす科

 微笑んでいるのか 悲しんでいるのか
 流れる影に ふと消える。

 さよならを電信柱の影に託してみる。
 きっと 夜空の果てまで届く気がする。


ちょうせんあさがお3 なす科

具現
2006.08.18 (Fri)

おしろいばな4 おしろいばな科

 かたちの無いものを かたちにしてみようとするから
 その苦しみは 始まってしまうのかもしれない。
 
 
おしろいばな5 おしろいばな科

 ありのままに流すことができれば
 少しは 痛みを抑えることができるのかな。 救われるのかな

 しゃにむに答えを見つけなくたって かまわない  


おしろいばな6 おしろいばな科




融けだすことのない情景
2006.08.16 (Wed)

じんちょうげ じんちょうげ科

 泣き疲れ焼きついたココロにも 融け出すことの無い もうひとりの自分




はぼたん あぶらな科




散乱する心
2006.08.03 (Thu)

ガザニア1 きく科

 なんのためらいも無く さよなら って言えるといいね。
 

 いろんなものが 引っ掛かっちゃってきてさ 足を停めさせてしまう
 泣きながらでも 滲む景色に向かって歩き出せるといいのにな。



ガザニア2 きく科






かたくなに守る 譲れない場所
2006.08.02 (Wed)

なつずいせん4 ひがんばな科

 産まれたての子供のように すべての感触に泣き声をあげる
 
なつずいせん5 ひがんばな科

 この衝動が チャラにするのか 成就するのか
 
 誰にも気づかれたくない 触らせたくない深爪したときと同じ感触
 

なつずいせん6 ひがんばな科



近くて遠い世界
2006.08.01 (Tue)



 スコールの陽だまりのなか
 水滴のレンズを透した世界は 虚実の世界。

 ひとつのレンズの中だけが すべてだと錯覚してしまいそう
 真実が隠されているなんて ウソばっかり まるで魔術を掛けられたみたい。



speciosa060731-2.jpg



≪ 2006/07 ≪    HOME    ≫ 2006/09 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。