BADRUN:

 

     
      
≪ 2006/10 ≪ ≫ 2006/12 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ少しばかり暖かい雨に打たれた。
2006.11.30 (Thu)




sazanka061201-2.jpg


sazanka061201-3.jpg


sazanka061201-4.jpg



スポンサーサイト

夕焼け小焼けが聞こえてくる前に
2006.11.29 (Wed)

momiji061128-1.jpg


momiji061128-2.jpg


momiji061128-3.jpg


momiji061128-4.jpg


momiji061128-5.jpg




まだ雨が止む気配は無い。
2006.11.28 (Tue)




mizutamari061128-2.jpg


mizutamari061128-3.jpg


mizutamari061128-4.jpg


mizutamari061128-5.jpg



エンドレスな夜明け
2006.11.27 (Mon)



 明日が見えないって 泣いていた。

asayake061126-2.jpg

 すぐ そこまで来ているってのに 
 今日を見つけようともせずに もう明日を探している。

asayake061126-3.jpg




asayake061126-4.jpg



閉じ込められた世界だって
2006.11.26 (Sun)



 鉄格子の裏から いつもこの景色を眺めていた。
 開放された今 喜び勇んで飛び出してみた。 


kouyou061126-2.jpg

 光あたる世界は 現実すぎて痛々しい現状だった。
 たとえ夢をむさぼっているって 非難されてもかまわない。
 
 もう二度と鉄の扉を開けることは無い。

kouyou061126-3.jpg



ほんの1・2分の幸福
2006.11.26 (Sun)



 蹂躙され丸裸にさせられ 
 日陰に追いやられて
 痩せ衰え 見向きもされなくても

sazanka061125-2.jpg



sazanka061125-3.jpg


sazanka061125-4.jpg



しゃらのき
2006.11.23 (Thu)

なつつばき1 つばき科


なつつばき2 つばき科


なつつばき3 つばき科


なつつばき4 つばき科


なつつばき5 つばき科



神経細胞と脳内麻薬
2006.11.22 (Wed)



 チリチリとした無神経さで 傷つけてきたんだ。

neuron061122-2.jpg

 傷つけてから 気がついても遅いんだよね。

neuron061122-3.jpg

 感覚が麻痺して 何も考えられそうにも無い。
 
neuron061122-4.jpg

               今やらなくちゃいけない目も前のことも
               どうでもよくなっちゃって 融けだしそうさ。

neuron061122-5.jpg

               神経を舐め回すように伝わり したたり落ちる
               この感覚に溺れちゃいそうだよ。


neuron061122-6.jpg




枯  渇
2006.11.19 (Sun)



 こんなに寒いのに こころが乾いて寝苦しいいんだ。

uruou061120-2.jpg

 どちらの冷たさをとると聞かれたら
 迷わずこっちの冷たさをとる。

uruou061120-3.jpg

 人間が嫌いなのかもしれない こころはきっと浮浪者。
 

uruou061120-4.jpg



たそがれ
2006.11.18 (Sat)



 ずっと待ち続けていた。
 いったい何を待ち続けていたのだろうか。


akamurasaki061116-2.jpg

 今日は富士山 見えないから 帰ろうか。」
 
 土手で遊んでいた子供のひとりが言った。
 その言葉に誰も答えない。
 
 倒した自転車の周りを意味無く回ったりしては
 「7時からテレビ見なくちゃいけないよなぁ。」とまた誰か呟いた。

akamurasaki061116-3.jpg
何か 言い訳付けなくっちゃ
別れる事ができそうにも無い。

何か 言い訳見つけなきゃ
さよならが言えそうにも無い。

倒した自転車 引き起こしたら
「また明日。」
淋しさ誤魔化す大きな声で。




またひとり とり残されても
まだ
踏ん切りがつきそうにも無い。





ういんどぅ さぁーふぃん
2006.11.17 (Fri)

 太陽(ひ)が昇る時間は穏やかで 凪がつづいていた。




 沈む太陽に押し出され 大気がおおきく動いた。

nagi061116-2.jpg

 すすきの平原は脈を打って踊りはじめた。

nagi061116-3.jpg

 太陽に抱きしめられた西風は 驚くほど暖かい。

nagi061116-4.jpg

 西風に煽られて景色は音も無く ゆらいでいる。




nagi061116-5.jpg



ふぇざーどろっぷ
2006.11.17 (Fri)



剣難な彩り
2006.11.16 (Thu)

にしきぎ1 にしきぎ科

 懐に飛び込まないと ほんとうの君 見い出せない。


にしきぎ2 にしきぎ科

 カミソリの刃を持って ボクを脅しにかかる。


にしきぎ3 にしきぎ科

 何もかもが控えめなくせして
 女になったとたん 危険な色彩。


にしきぎ4 にしきぎ科


にしきぎ5 にしきぎ科


にしきぎ6 にしきぎ科



帰巣の時間
2006.11.15 (Wed)



 女の子の話し声が 階下の踊り場から聞こえてくる。
 早くも冬を纏(まと)った風の音で 良く聴き取れない。

 小学校高学年位の女の子 
 クラスのこと クラスメイトのこと 親のこと
 まるで大人びたおませな口調は 矢継ぎ早で 今日に追われているかのよう。

 何故かこんな時間は 女の子の生意気な口調が似合うんだ。
 どんな楽しい話でも 何故か哀愁の色調を帯びて聞こえてしまう。 


yuukei061115-2.jpg

 今日に遅れまいと 時を追う者たちの 軌跡が描かれてゆく。


yuukei061115-3.jpg

 いくつもの聞き覚えのある声の記憶の中から あの娘の声が聞こえた。

 気をつけて 早く帰ってらっしゃいって

 確かに脳裏には いつの間にかあの娘が住み着いちゃってて
 そう 母親みたいにね。

 高所恐怖症の泣きたい気分をこらえて 階段を一歩一歩降り始めるんだ。

 

yuukei061115-4.jpg



しあわせのいまじねーしょん
2006.11.11 (Sat)

たんきりまめ1 まめ科

 きみはこころのなかにある 似たものを見つけては きっと
 かわいいねって 笑うだろう。


たんきりまめ2 まめ科



たんきりまめ3 まめ科

 

たんきりまめ4 まめ科



たんきりまめ5 まめ科


 ねっ そうでしょ。 そう思うでしょ。
 
 そんななかにあるしあわせでじゅうぶん。



たんきりまめ6 まめ科



ひめつばき
2006.11.10 (Fri)

さざんか1 つばき科

 冷たさのなかにあるやさしさ


さざんか2 つばき科

 無垢ゆえなのか それとも 熟知しているゆえのやさしさなのか


さざんか3 つばき科



 痛みを根こそぎ持っていかれそうだ。

さざんか4 つばき科



この大地に生まれたしあわせ
2006.11.09 (Thu)



 この大地は自分の力で浄化する能力を持っている。

 人間は どうなんだろう。
 人間は どうなんだろう。
 
 人間って どうなんだろう。


simizu061109-2.jpg

 サラサラって聞こえもしない音がする。
 キラキラって聞こえもしない音がする。

 そんな音も聞こえなくなった 騒音ばかりのボクの頭って浄化できないのかな。 
 ちっぽけなわがままが浮き彫りにされてしまう。


simizu061109-3.jpg

 このさきどれだけ汚されても 流れ着く先を夢見ない水は ただただ流れてゆく。


simizu061109-4.jpg



ボクの世界のなかでキミは宇宙
2006.11.08 (Wed)





cosmos061108-2.jpg



cosmos061108-3.jpg



cosmos061108-4.jpg



あかい
2006.11.07 (Tue)

べごにあ1 しゅうかいどう科



べごにあ2 しゅうかいどう科



べごにあ3 しゅうかいどう科



記憶の臨界点
2006.11.05 (Sun)



 綴りきれない言葉を大気に解き放った。


rose061102-2.jpg

 頼りなく融けだしてゆく記憶にどうする事も出来ない。


rose061102-3.jpg

 貼り付けられた記憶は はっきりとした輪郭さえも曖昧にしてゆく。

 ボクが逃げ出したことも曖昧にしてくれるといいんだけれど。
 それだけが意識の中で泳ぎ回る。


rose061102-4.jpg



尊  重
2006.11.05 (Sun)

ぶるーさるびあ しそ科

 口にだせない思いを ありがとうの言葉に隠した。





西の空が染まるまでには まだ時間がある。
2006.11.04 (Sat)

さんしゅゆ1 みずき科



さんしゅゆ2 みずき科



さんしゅゆ3 みずき科



さんしゅゆ4 みずき科



さんしゅゆ5 みずき科




優しい追憶
2006.11.02 (Thu)

にちにちそう きょうちくとう科

               なぜか 楽しかった思い出も               
               振り返れば 愁(うれ)いを帯びてしまう。               
               ボクなんかが入り込めないくらい
               さみしい色をしているよね。

光風に舞った。
2006.11.01 (Wed)

くれおめ1 ふうちょうそう科

 ボクがきのうの夜に食べた夢は 
 ボクの知らない朝のうちに 輝いていたかもしれない。


くれおめ2 ふうちょうそう科



くれおめ3 ふうちょうそう科



くれおめ4 ふうちょうそう科



くれおめ5 ふうちょうそう科



≪ 2006/10 ≪    HOME    ≫ 2006/12 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。