BADRUN:

 

     
      
≪ 2007/01 ≪ ≫ 2007/03 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金と銀と普通
2007.02.26 (Mon)



 何もなかった一日なんて ありゃしない。
 何もしなかった一日なんて ありゃしない。



kamo0225-2.jpg

 無駄に過ごした一日なんて あるはずもない。

 魂がそっと揺れ動いたことにも 気づかないくせに。


kamo0225-3.jpg

 じゅうぶん 自分を甘やかしたら
 なにごとも無かったように ふつうに泳ぎだせたらいいのに 


kamo0225-4.jpg

 刷り込まれた固定観念に縛られて 時が狂いだしているってのに
 本能が導きだす恐怖は 別のところにあるっていうのに




kamo0225-5.jpg



スポンサーサイト

泣いてしまった夜は思いっきりずぶ濡れになってみる。
2007.02.25 (Sun)







yau0224-2.jpg





月は泣きだしそうな表情で
2007.02.24 (Sat)



 一滴の水は 寄せ集まれば 非情にも右と左を分けていく
 有るもの と 無いもの
 無いもの と 有るもの

 きれいに刈り取られた芝生
 伸び放題の雑草
 
 どちらも逃げ切れない 足枷のついた自由

 月は今にも泣き出しそうな表情で
 悠久の昔から 決着のつかない問題を抱きかかえて 
 今日も 真ん中へと 沈み込んだ。



arakawa0224-2.jpg



いつかきっと
2007.02.21 (Wed)



 ひかりの中で はしゃぐ夢を見たんだ。


ajisai0220-2.jpg

 だれにも理解(わか)ってもらえなくても いい。



ajisai0220-3.jpg

 理解(わか)ってもらおうと必死になるから 我が儘に聞こえてしまう。



ajisai0220-4.jpg

 いつかきっと ぼくは ぼくだけのひかりを見つけてみせる。


ajisai0220-5.jpg





団地の日陰に落とされた光
2007.02.20 (Tue)

mokuren0220-2.jpg







mokuren0220-4.jpg



めざめ
2007.02.20 (Tue)



 ひれふしている ただ ただ  ひれふしている。





息をとめて
2007.02.18 (Sun)



 きれいだな。 なんて思っているのは 人間だけなんだろうな。
 きれいなところしか 見ようとしないなんて


siraume0218-2.jpg

 ほら 生きることに必死な彼らの下で
 息を こらしている。
 

siraume0218-3.jpg

 生きることも死ぬことも 誰かに操られて

 生きなくちゃいけないんだって。
 死んじゃだめなんだって。
 
 いったいそんなこと ボクは 誰に教わったんだろう。
 それって ほんとうに正しいことなのかな。
  
 さえずる小鳥の生きる本能にさえ 負けてしまっている。


siraume0218-4.jpg

 これから苦しみのなかに放り出される者に 何を送ったらいいのだろうか。 



siraume0218-5.jpg






まほうのまんめんのえみ
2007.02.17 (Sat)

まんさく1 まんさく科

 次から次へと湧き上がる 欲望の呪文を唱えるようにして
 そうなんだよ ひとつ諦めるたびに ふたつに増えてしまう。


まんさく2 まんさく科

 その欲望は きみの笑顔から生まれてくるような 気がするんだ。

 生きるたびに 無欲になるんじゃ なかったんだっけ


まんさく3 まんさく科

 たくさんの事 諦めてきたのに
 きみの笑顔を見るたび もう少し もうちょっと



まんさく4 まんさく科

 その笑顔の呪文は 何を意味してるのかな。



まんさく5 まんさく科



あせることなく受け止めてほしい。
2007.02.16 (Fri)



 季節に追いかけられて
 くるくるくる 空回りしているよね。



sidareume0216-2.jpg

 人の気持ちに 追いかけられて
 あせあせあせ 締め付けられるようで 息苦しくなってしまうよ。



sidareume0216-3.jpg

 もっとゆるやかに こころを開放する季節だといいのに。

 なにかに ぶら下がるくらいの気持ちで 咲いてくれるといいんだけれどね。



sidareume0216-4.jpg





sidareume0216-5.jpg




すべての言刃は自分にかえってくる
2007.02.15 (Thu)



 正論に酔いしれているんだって。
 ほっといてくれよ。


suisen0215-2.jpg

 不平不満と力の無さを 正当化するために
 まるで マジックのように すりかえて見せるさ。


suisen0215-3.jpg

 悪党になりきれないくせに
 正義の真似事をして 見せてやろうか。

 


suisen0215-4.jpg

                   自分を慰める道具のうちは いいんだけれど
                   そうち 誰も寄り付かなくなってしまう。

                


suisen0215-5.jpg





透過されたその先に
2007.02.12 (Mon)



 いつしか肌に染み付いた 醜いことも


hakubai0210-2.jpg

 踏みつけられ 固くなった足元も


hakubai0210-3.jpg

 跳ね返すように 忘れずに 季節がやってきた。

 透き通った花びらのその先に 見えた気がしたんだ。
 乗り越えてきた きみの思いが。


hakubai0210-4.jpg




できたら相死相愛
2007.02.11 (Sun)



 久しぶりに街に出て 若い娘を見たりしては
 人生 もう一度やり直せたら なんて
 腐りかけの身体を持った 脳みそがほざいたりするが

 
tubaki0210-2.jpg

 そんなとき いつも 使い馴染んだ あの笑顔が おおいかぶさって


tubaki0210-3.jpg

 ボクの大事に育てた 花は
 ボクの嫌なところを いっぱい栄養にして
 今も枯れることなく 笑ってる。
 
 そんな純真無垢な笑顔に守られて 
 ボクはここまで やってきたんだね。


tubaki0210-4.jpg
 
 生まれた季節は違うのだけれど 
 同じ季節にふたり一緒 ポトリと落ちて
 還ってゆけたらいいな  なんて 思ったりもするんだ。



tubaki0210-5.jpg




ほんのちょっと
2007.02.10 (Sat)

ぼけ1 ばら科

 ほんのちょっと 守らなければならないために



ぼけ2 ばら科

 ほんのちょっとの トゲを持った。



ぼけ3 ばら科

 プライドと呼べるほどの ものじゃないんだけれど
 

ぼけ4 ばら科

 それは 真っ赤な色をしていた。


ぼけ5 ばら科



美しくない時だってある。
2007.02.09 (Fri)



 そんなこといっぱいある。 跡がつくほど引きずっちゃだめだよ。




suisen0209.jpg




あたたかすぎる不安
2007.02.08 (Thu)






oppegawa0207-5.jpg




oppegawa0207-6.jpg




ありふれた風景
2007.02.07 (Wed)



 なにひとつ変わらない日常



oppegawa0207-2.jpg

 なにひとつ同じものがない日常



oppegawa0207-3.jpg




ほら 誰からも守られいないだろ。
2007.02.06 (Tue)



 踏み潰されても 何の権利も主張していない。


asa0206-2.jpg

 寒さに震えても 誰のせいにもしていない。


asa0206-3.jpg

 与えられたものを 素直に受け取っている。



asa0206-4.jpg

 おかしいんじゃないかな 人間って。



asa0206-5.jpg






真夜中にうごめく恐竜
2007.02.05 (Mon)



 きっと真夜中には 紅(べに)のような真っ赤な花が咲き


yoru0204-2.jpg

 月の明るい夜には 化石になりそこねた 忘れたい記憶が
 低い唸り声をあげて うごめきだすんだ。 


yoru0204-3.jpg




南の風 北の風
2007.02.04 (Sun)







teihaku0204-2.jpg





感情の無彩色
2007.02.03 (Sat)



 何も気にすることなければ
 色のない世界に旅立とうか。


azami0203-2.jpg

 握り締めた その手を離せば
 夢よりも 不安が先立ってしまう。

 迷いながら 悩みながら おさらばするさ。



azami0203-3.jpg



暮れてゆく陽に照らされて。
2007.02.03 (Sat)



 暮れてゆく陽に急(せ)き立てられ
 ゆっくりとたそがれてゆく。



yuu0203-2.jpg









yuu0203-3.jpg

 ねえ きみにもちいさな悲しみの魂があるのかな。



おそれなくなる日がくるといい。
2007.02.02 (Fri)



 やさしさの色を抽出してみても
 その色は弱さを含んでいて 綺麗だとは限らなかった。


nekoyanagi0202-2.jpg

 やわらかさの中に 不純物を含んでいて
 その時々に 色を変える。


nekoyanagi0202-3.jpg

 その中途半端な不透明さで
 映し出されている事にさえ気づかない。

 なにを埋めるために なにを刻もうとしているの。



nekoyanagi0202-4.jpg




bread-and-
2007.02.01 (Thu)

せいたかあわだちそう1 きく科

 だれもが苦労もせず見る夢。
 ひろがるだけ ひろがって


せいたかあわだちそう2 きく科

 自分の毒にやられてしまう。



かねのなるき べんけいそう科




≪ 2007/01 ≪    HOME    ≫ 2007/03 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。