BADRUN:

 

     
      
≪ 2007/02 ≪ ≫ 2007/04 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぶしをひらけば 少しずつ世界が広がるのだろう。
2007.03.28 (Wed)



 こころが頑(かたく)なに 拒み続けた蕾も



kobusi0327-2.jpg

 朝な夕なの光に照らし出され
 


kobusi0327-3.jpg

 冷たい苦しみの中でしか 拾えないものがあったんだ。



kobusi0327-4.jpg

 刺すほどの痛みの中でしか 理解しあえないこともあったんだ。



kobusi0327-5.jpg




Canon PowerShot S3 IS
スポンサーサイト

前が見えなくなるほど泣いてごらん。
2007.03.18 (Sun)

ひゅうがみずき1 まんさく科

 まぶたの裏側に溜まった 涙のレンズのなかに



ひゅうがみずき2 まんさく科

 見えるでしょ たくさんの天使が

 

ひゅうがみずき3 まんさく科

 きみのいろんな想い 抱きしめてさ
 


ひゅうがみずき4 まんさく科

 いっしょうけんめい きみのこと心配してるよ。



ひゅうがみずき5 まんさく科

 だからさ 大声出して泣いてごらんよ。



ひゅうがみずき6 まんさく科




Canon PowerShot S3 IS

べにすもも
2007.03.17 (Sat)

べにすもも1 ばら科

 また悪魔に魂を 売り渡してしまった。



べにすもも2 ばら科

 また胃液のような すえた記憶が支配するんだろうな。




べにすもも3 ばら科

 はやく はやく はやく 



べにすもも4 ばら科

 そっと そっと そっと   過ぎ去ってしまえ。



べにすもも5 ばら科




べにすもも6 ばら科




べにすもも7 ばら科





Canon PowerShot S3 IS

逃げ隠れジッとしてても
2007.03.15 (Thu)

じんちょうげ1 じんちょうげ科

 もう振り向かない つもりでいたのに 
 そのやさしい かおりに翻弄されてしまう



じんちょうげ2 じんちょうげ科

 その日陰には ぼくを嫌いになったきみがいるのかな
 その言葉ひとつひとつが やさしさなのかな



じんちょうげ3 じんちょうげ科




じんちょうげ4 じんちょうげ科




じんちょうげ5 じんちょうげ科




Canon PowerShot S3 IS

はくもくれん
2007.03.14 (Wed)

はくもくれん1 もくれん科

                         そのやわらかな白さゆえなのか



はくもくれん2 もくれん科

 咲きほころんだとたん 傷つき始めてしまう。



はくもくれん3 もくれん科

 だれもが褒め称える そのやさしさは
 いったい だれのため。



はくもくれん4 もくれん科

 涙の代わりに 散らす花びらは 大粒の涙



はくもくれん5 もくれん科




はくもくれん6 もくれん科





Canon PowerShot S3 IS

おおいぬのふぐり
2007.03.12 (Mon)

おおいぬのふぐり1 ごまのはぐさ科

 「わぁ! ちいさなお花が いっぱい咲いてる。」
 おんなのこの可愛らしい嬌声が 背中を駆け抜けていった。


おおいぬのふぐり2 ごまのはぐさ科

 「おおいぬのふぐりがいっぱい。 先生このお花 大好きなんだ。
  春 一番に咲いて 春が来たなぁ・・・   ちょっと 走っちゃだめでしょ。」
 
 先生の言葉も駆け出していった。


おおいぬのふぐり3 ごまのはぐさ科

 『ほしのひとみ』 なんて 誰も呼んでくれない。

 おおいぬふぐり だからこそ 可憐で可愛いんだ。
 おおいぬふぐり だからこそ 春なんだ きっと。


おおいぬのふぐり4 ごまのはぐさ科

 かわいそうだからって 

 ふぐり って可愛い響きだよね。
 ほしのひとみ って素敵な響きだよね。

 春だから こころの中にある やさしい響きを大切にしたいよね。



おおいぬのふぐり5 ごまのはぐさ科





おおいぬふぐり6 ごまのはぐさ科





Canon PowerShot S3 IS

碧桃樹 さきに散ってしまう悲しみの向こうに
2007.03.10 (Sat)

へきとうじゅ1 ばら科

 紺碧の空まで 白く染めようとするから



へきとうじゅ2 ばら科

 きみは泣く破目になってしまう。



へきとうじゅ3 ばら科

 もっと 汚れた部分も認めてあげなければ
 きっと 相手じゃなく 自分が許せないんだね。



へきとうじゅ4 ばら科

 雲の上まで 月まで飛び越そうとしているから
 おっこちてしまう。
 


へきとうじゅ5 ばら科

 こころが 飛び越えられるのは 目の前の現実。
 その先に 雲や月がある。

 わかるよね きみならできる。

 きみと一緒に泣いてやることは 出来ないんだ     だから




へきとうじゅ6 ばら科




Canon PowerShot S3 IS

言葉を拾い集めていたら きみを見つけだせなくなる。
2007.03.09 (Fri)

さんしゅゆ1 みずき科




さんしゅゆ2 みずき科




さんしゅゆ3 みずき科




さんしゅゆ4 みずき科




さんしゅゆ5 みずき科




さんしゅゆ6 みずき科




さんしゅゆ7 みずき科




Canon PowerShot S3 IS

ただ静かに ヒヨドリの鳴く声だけが響く
2007.03.07 (Wed)





umepink0302-2.jpg



umepink0302-3.jpg




Canon PowerShot S3 IS

幼稚園児の燥(はしゃ)ぐ声が聞こえる。
2007.03.05 (Mon)



                      こどもたちが泣き 笑い 燥(はしゃ)ぐから
                   
                      あたりの空気が すっかり燥(はしゃ)いでしまって


hanakanzasi0304-2.jpg

                      こどもが泣くたび 笑うたび 逐一きみは報告に来るから 

                      干したばかりの洗濯物が カラカラに乾いてしまって 微風に揺れている。



hanakanzasi0304-3.jpg





Nikon COOLPIX 4300

2007.03.04 (Sun)



 千千(ちぢ)に揺れ動く その思いは 漣(さざなみ)のように おさまることはないのだろうか。

 何事もなかったような顔をして 押さえ込んでみたところで
 冷め切った風は おさまることも温まることもない。

 いつか氾濫するこころのうねりの中で いったい何を思うのだろうか。 



sai0224-2.jpg




Canon PowerShot S3 IS

朝陽があたる
2007.03.02 (Fri)



 ビルの隙間を切り取って 朝の光は届いた。


asanoume0301-2.jpg

 白濁した空は 青さを取り戻し始めた。


asanoume0301-3.jpg

 一番早く届いた 赤い熱光のせいで 芯がほんのり染まった。



asanoume0301-4.jpg




Canon PowerShot S3 IS

いさぎよく できない
2007.03.01 (Thu)



 その新鮮な思いも あっという間に汚されてしまう。
 いたずらにその思いを 暖めることもできない。


tubaki-0301-2.jpg

 忘れようと ぽとりと落としてみても



tubaki-0301-3.jpg

 朽ちることなく 朝日に輝いてみたりして
 その思い ますます鮮明にさせてしまう。



tubaki-0301-4.jpg

 この記憶といつまで戦うのだろう。



tubaki-0301-5.jpg


                                             canon PowerShot S3 IS
≪ 2007/02 ≪    HOME    ≫ 2007/04 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。