BADRUN:

 

     
      
≪ 2007/05 ≪ ≫ 2007/07 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たけのこ
2007.06.09 (Sat)








takenoko0608-2.jpg






takenoko0608-3.jpg






takenoko0608-4.jpg






takenoko0608-5.jpg






takenoko0608-6.jpg






takenoko0608-7.jpg




Canon PowerShot S3 IS

スポンサーサイト

貧しさの記憶
2007.06.07 (Thu)



ファインダーも曇るほどの 遠い記憶なのでしょうか
一面に敷き詰められた あこがれのピンクの甘ったるい香り



rengesou0607-2.jpg

こころの奥底に仕舞われ 見ることのなくなった原風景
今になって気がついた 貧しさの記憶



rengesou0607-3.jpg





rengesou0607-4.jpg




Canon PowerShot S3 IS

むらさきの否定
2007.06.06 (Wed)



ねぇ。 どうして否定に包まれた 愛想笑いのいい所だけを摘み取って
自分にいいように解釈するの



fuji0605-2.jpg

そして いつかそんな人だと思わなかったって思うんでしょ。

柔らかな否定の意味




fuji0605-3.jpg




Canon PowerShot S3 IS

れんげそう
2007.06.03 (Sun)



命の意味も知らなかったころ 
れんげ草畑を踏み潰しては 夢の設計図を描いた

幼い夢は無限に広がり 踏み潰した後には無数の線が引かれた


rengesou0530-2.jpg

男と女の意味を知らなかったころ
れんげ草の花を摘んでは 花の首飾りの長さを競った

照れくささもなく ほらっ!て手渡すことができた



rengesou0530-3.jpg

命のひとつひとつを知るたびに れんげ草の踏み潰された線に 壁が建ちあがって
心の中を仕切っていった
そのたびに 夢を棄てては 
小さく仕切られた部屋に 現実を詰め込んでいった




rengesou0530-4.jpg

男と女のひとつひとつを知るたびに れんげ草畑は心の中からひとつひとつ消えていった




だから 早く来てごらんっ!て携帯で連絡したんだ

ほらっ! きれいでしょって言うために
黄昏は きみの笑顔が好きなんだ



rengesou0530-5.jpg






Canon PowerShot S3 IS

≪ 2007/05 ≪    HOME    ≫ 2007/07 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。