BADRUN:

 

     
      
≪ 2007/10 ≪ ≫ 2007/12 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬が始まる前に見た夢は 陽だまりのなか
2007.11.30 (Fri)








blue-salvia-2.jpg







blue-salvia-3.jpg






blue-salvia-4.jpg



OLYMPUS CAMEDIA C-770 Ultra Zoom


スポンサーサイト

2007.11.29 (Thu)









hiiragi-22.jpg






hiiragi-23.jpg



Canon PowerShot S3 IS

朝の風景
2007.11.28 (Wed)






akigase-2.jpg




akigase-3.jpg




akigase-4.jpg



Canon PowerShot S3 IS


哀切
2007.11.26 (Mon)



 
 べつに不幸ってわけじゃないけど




aka-2.jpg


 時おり胸 締め付けられるように悲しくなるのは なぜなんだろう。




aka-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS

anti
2007.11.25 (Sun)








pumps-2.jpg



Canon PowerShot S3 IS

渇きの病魔と欲望
2007.11.24 (Sat)








jaguti-2.jpg


Canon PowerShot S3 IS


藍紫色の実
2007.11.23 (Fri)








mamakonosirinugui-2.jpg

  棘を持つことになんの意味があるの
  自分を護るため それとも傷つけ気づいてもらうため

  絡み付き傷つけあうことが 心の安らぎだって言うの



mamakonosirinugui-3.jpg

  傷跡も残さず痛みだけ残すというのなら
  その 美しい記憶だけでも とどめておきたいんだ。


  残酷なくらいに。


mamakonosirinugui-4.jpg






mamakonosirinugui-5.jpg






mamakonosirinugui-6.jpg



Canon PowerShot S3 IS


あかい実
2007.11.22 (Thu)








akaimi-2.jpg






akaimi-3.jpg






akaimi-4.jpg



OLYMPUS CAMEDIA C-770 Ultra Zoom


虫けらになりたい
2007.11.21 (Wed)




生まれ変われるんだろう きっと
そしたら あっという間に踏み潰される 虫けらになりたい。

そのとき 何を感じ何を思ったのか 心にとどめて置きたい。




musi-2.jpg


一瞬で 弱者が強者に 善が悪に そんな観念があるのだろうか

弱肉強食の世界で 蝕まれる虫けらになりたい。
いのち 蝕まれながら何を感じ何を思ったのか 心に刻んで置きたい。



musi-3.jpg


人間の主観を取り除いた すべてのところで感じてみたい。

人間が上等な生き物だなんて どれだけ驕っていたのかを 確認できるかもしれない。
細胞の数が少ないほど 幸せに近かったのかもしれない。




musi-4.jpg


細胞がひとつだったころ 何も考えずに必死に そう ただただ必死に。
生きるという言葉も無い。 死ぬという言葉も無い。 幸せという言葉も無い。



musi-5.jpg


太りすぎた細胞の中で がんじがらめに傷つけ縛りつけ 
生きてる証が欲しいなどとほざいたりしている。




spider-1.jpg



生きてる証や理由など だれだって持っているじゃないか
細胞がひとつだったころ 意味も考えずに光を目指しただろう。




kujakusou-3.jpg




Canon PowerShot S3 IS

熟して透き通るような心臓の鼓動
2007.11.20 (Tue)




どきどきした熱を醒ましてくれ。



kuko-2.jpg


覚(さと)られそうでどきどきしてる。



kuko-3.jpg





kuko-4.jpg




Canon PowerShot S3 IS

おしよせる朝の波
2007.11.19 (Mon)





疲れたらさ いつでも飛び出せる覚悟をしておいたほうがいい。
こころに 縛られる前にさ
びくびくしていたって構わない。

おおきな波が襲ってくる前に こころを逃がしてやるんだ。
いつでも飛び出せる準備をしておいたほうがいい。 



sora-umi-2.jpg




Canon PowerShot S3 IS

ほばりんぐ
2007.11.17 (Sat)






なにを考えているのかな。 その場にとどまったままで

ぼくが気にしてるってこと知っていて ふっと少しだけ移動して見せたりして
焦らすつもりなら ぼくのこと嫌いなら 逃げ出せばいいのに

視界から突然消えたりして 
きみはぼくを知り尽くしたふうをして ぼくが探すのを楽しんでいる

その場にとどまったまま きみは次の手を考えているのかな。


Canon PowerShot S3 IS







きょうのそら
2007.11.15 (Thu)








yurinoki-2.jpg






totinoki-1.jpg






totinoki-2.jpg






totinoki-3.jpg






totinoki-4.jpg



CASIO W53CA



空の色を染み込ませた碧瑠璃
2007.11.14 (Wed)


OLYMPUS CAMEDIA C-770 Ultra Zoom




kusaki-12.jpg
Canon PowerShot S3 IS




kusaki-13.jpg
OLYMPUS CAMEDIA C-770 Ultra Zoom




kusaki-14.jpg
Canon PowerShot S3 IS




kusaki-15.jpg
Nikon COOLPIX 4300







kusaki-16.jpg
OLYMPUS CAMEDIA C-770 Ultra Zoom


雨上がりのあと
2007.11.12 (Mon)







syuro-2.jpg





syuro-3.jpg





syuro-4.jpg




Canon PowerShot S3 IS

朝陽の生まれる街 SunshineCity
2007.11.11 (Sun)





どんなに曇っていようとも どんなにも地面を叩きつける雨が降ろうが
ぼくの街では 必ず太陽が昇っている。

だれもがそれに気づかない振りをしている。





sunshine-2.jpg



目に見えるものに必死になっているんだ。
未来は前にしかないと思っているのかな だれもが立ち止まることなく先を急いでる。




sunshine-3.jpg



時間をもてあました老人ですら なにかに急き立てられるように 早足で通り過ぎてゆく。

立ち止まっているぼくはつぶやく
本当だって ぼくの街では毎日 太陽は生まれているんだって。





sunshine-4.jpg



Canon PowerShot S3 IS


追憶のなみうちぎわ
2007.11.10 (Sat)

nami-1.jpg






nami-2.jpg



Canon PowerShot S3 IS


11月の花嫁
2007.11.09 (Fri)



鼻孔の奥をくすぐるような 芳香に誘われ
振り向いたそこに 真っ白なブーケを握り締めた きみがいた。







11月の笑顔を忘れないでください。




hiiragi-12.jpg




hiiragi-2.jpg





hiiragi-13.jpg




hiiragi-14.jpg




Canon PowerShot S3 IS

地上に落ちたプリズム
2007.11.08 (Thu)




Canon PowerShot S3 IS






空は藍青色 きみはちっぽけな点
2007.11.07 (Wed)




CASIO W53CA




鉛の重さ
2007.11.06 (Tue)



なにもこんなに空が塞ぎ込んだ日に そんな話を聞きたくは無かった。
ひとつひとつが 宝物だと思っていた日々が
留まることも無く 滑り落ちていくようだ。



higanbana-12.jpg

あれほど熱く輝いていたのに 二人だけじゃない幾つもの要因が
熱を奪っていったんだ。




higanbana-13.jpg

醒めてしまった輝いた日々は 鉛の重さだけを残し 鈴なりにぶら下がっている

その重さに耐えられなかったのかな。


higanbana-14.jpg

降り注ぐすべての言葉と態度が熱を奪い こころを枯らしてゆく

まるで時限爆弾のように 鉛の重さを積み重ねてカウントダウンしていたんだね。



higanbana-15.jpg

ただでさえこんな重苦しい日に そんな話を

足元がガラガラ崩れ去って何にもしたくない気分なのに
可笑しいよね じっとしていられない気分なんだ。

糸口すら見つけられないまま 鉛の重さを見つめている。


 

higanbana-16.jpg




Canon PowerShot S3 IS

自転車とコスモス
2007.11.05 (Mon)



摘み取られれば すぐにうなだれてしまう



cosmos-2.jpg

その華奢な姿態のせいなのか
独りぼっちのさみしさに耐えられなくてなのか
群れ成して咲く



cosmos-3.jpg

通りすがりの自転車の買い物籠に摘まれたコスモス
青空の風にうなだれ 右に左に揺れている

急げ 急げってペダルを踏み込んでいる

愛されることって いろんなかたちがあっても だいじょうぶだよね



cosmos-4.jpg




Canon PowerShot S3 IS

高気圧が風を止めた
2007.11.04 (Sun)



なだらかな坂を下った。
森に逃げ込んだオナガが 悲鳴にも似た鳴き声を上げた。

気づかなければ 小鳥のさえずりにさえ 気がつかない。


kusaki-2.jpg

空の青さが すべてを飲み込んでしまうのか


kusaki-3.jpg




kusaki-4.jpg




kusaki-5.jpg





Canon PowerShot S3 IS

もういちどだけ 冷たい大気にさらされてみようかな
2007.11.03 (Sat)








kujakusou-2.jpg






kujakusou-4.jpg




Canon PowerShot S3 IS

あさの陽に背を向けても
2007.11.02 (Fri)









Canon PowerShot S3 IS


≪ 2007/10 ≪    HOME    ≫ 2007/12 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。