BADRUN:

 

     
      
≪ 2007/11 ≪ ≫ 2008/01 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋色枯れ色こむらさき
2007.12.23 (Sun)








komurasaki-2.jpg







komurasaki-3.jpg






komurasaki-4.jpg






komurasaki-5.jpg






komurasaki-6.jpg






komurasaki-7.jpg


Canon PowerShot S3 IS






スポンサーサイト

あかいあかいさざんか
2007.12.22 (Sat)







sazanka-2_20071222191835.jpg






sazanka-3_20071222191844.jpg






sazanka-4_20071222191851.jpg


Canon PowerShot S3 IS

かさこそとささやくように敷きつめてゆく
2007.12.21 (Fri)

kouyou-1_20071216173048.jpg




kouyou-2_20071216173056.jpg




kouyou-3_20071216173106.jpg




kouyou-4_20071216173124.jpg




kouyou-5_20071216173136.jpg




kouyou-6.jpg




kouyou-7.jpg




kouyou-8.jpg


Canon PowerShot S3 IS

ひかりの穂
2007.12.20 (Thu)

susuki-1.jpg


ゆらゆらとゆらぐ やわらいだとしても つめたい風にゆらゆらとゆらぐ



susuki-2.jpg


うまれてきてから 染み付いたすべてを洗い落とせば 生きることしか残らない。




susuki-3.jpg


最後の土壇場に立ってみればわかる。



susuki-4.jpg


ゆらりゆらりゆらぎながら 覚悟を決めても ゆらりゆらりゆらぎながら 

それでいい。



susuki-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS

おとなになるじかん
2007.12.19 (Wed)



ゆうやけこやけのメロディーが 近くの校舎のスピーカから流れた。
それを合図にして 西のそらは色を染め始めた。



yuuyake-3.jpg


団地の影も伸び始め こどもたちを抱きしめるようにして 団地の小さな中庭を狭めてゆく。

少しばかり背伸びした影を引きずりながら 現実に戻されてゆく。
この時間の寂しさを積み重ねて おとなに近づいてゆくんだね。



yuuyake-2.jpg


天空を仰いで あしたを振り向いてみれば



yuuyake-5.jpg


東の空から夜のとばりが 紺青の絵の具を何層にも塗り重ね 藍色を深めている。
はやくおとなになるんだ。と急き立てるように足を速めている。

覆いかぶさるとばりの中で

夢を見て そして醒めて 何度もくりかえして そして



yuuyake-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS


いつか染まらなければ 枯れてしまうだけ。
2007.12.16 (Sun)



そんなに目くじら立てて正論 まくし立てったて
ぼくらそんなきれいごとの世界に住んじゃいないだろう
だれもが一番自分が正しいって 思っているはずなんだよ。 



momiji-2_20071216162423.jpg

ぼくだって同じさ 血を流そうともしないで自分自身 正当化しようと必死なんだ。

なんて答えてあげたらいいのか 
夢を叶えた者たちが すべて正しかったなんて信じちゃいないんだろう。



momiji-3.jpg



Canon PowerShot S3 IS

涙  腺
2007.12.13 (Thu)



泣くなんて単純なことで出来る だれにだってさ





manjyusyage-2.jpg

できたら あたたかい涙を流せるといい




manjyusyage-3.jpg

泣いたあとに目を見つめ合って 照れ笑いできるくらい 泣いたほうがいい




manjyusyage-4.jpg



Canon PowerShot S3 IS


ひとつひとつが鼓動でありますように。
2007.12.12 (Wed)







sansyuyu-2.jpg





sansyuyu-3.jpg





sansyuyu-4.jpg





sansyuyu-5.jpg





sansyuyu-6.jpg



Canon PowerShot S3 IS


赤銅色に染まった安息の地
2007.12.08 (Sat)




熱い思いを伝えるかのように あたりを赤銅色に染めて太陽は昇った。



tekkyou-2.jpg


息を深く吸い込めば 驚くほどに冷たい。



tekkyou-3.jpg

夢を醒ますには このくらいの冷たさがいいのかもしれない。

土手の茂みの向こうから 
ここに安住の地を求めた住人の 聖書を朗々と読み上げる声が 川面をなでてゆく

川面にもぼくの心にも 漣(さざなみ)がたった。

立ち止まった2・3分ほどの時間 ぼくのこころは何を思ったのだろうか。
何も無かったのかもしれないし すべてだったのかもしれない。

それは 自分自身だったのかもしれない
現実って奴は嫌んいなるくらい身近で 覚悟をしろよってまとわり付いてくる。 



tekkyou-4.jpg



Canon PowerShot S3 IS


ほんの刹那 その時だけ
2007.12.07 (Fri)



     
          隙間からしたたり落ちる 一滴の水を飲み干すようにして 光を飲み込んだ。



sazanka-2.jpg




sazanka-3.jpg




sazanka-4.jpg



Canon PowerShot S3 IS


影は光がつくりだす
2007.12.06 (Thu)







doudantutuji-2.jpg





doudantutuji-3.jpg



Canon PowerShot S3 IS

理解しない絆
2007.12.05 (Wed)



いつになったら その記憶とさよならできるのかな
嫌われるようにって 時間を埋めてきたっていうのに



kouyou-2_20071206174553.jpg

都合がいいようにって 解釈してみたりして
きっと 必要としてないのに
突然 思い出したように すべてを埋め尽くそうとする 

そして 頼りない絆でつながっていようとするんだね。


kouyou-3_20071206174610.jpg





kouyou-4_20071206181457.jpg



Canon PowerShot S3 IS


≪ 2007/11 ≪    HOME    ≫ 2008/01 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。