BADRUN:

 

     
      
≪ 2008/04 ≪ ≫ 2008/06 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩川すずしろの朝
2008.05.31 (Sat)



 ハマダイコン





suzusiro0805-2.jpg







suzusiro0805-3.jpg

            オヤブジラミ






suzusiro0805-4.jpg







suzusiro0805-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS







スポンサーサイト

天保の飢饉
2008.05.29 (Thu)




脆弱な贅沢な悩みで 肉体も心もぶよぶよに太ってしまった。
両手を合わせて いったい何を願うというのだ

曖昧な幸せしか思いもつかない。





tenpou0805-2.jpg

年をとるってことは 意味もなく涙がにじむってことなのか
近づくにつれ こころはいつも 悲しみの先回りをしている。






tenpou0805-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS





白雲木 ハクウンボク
2008.05.28 (Wed)



          雲の向こうには 青空が見える。





hakuunboku0805-2.jpg

 雲の向こうには 光が見える。





hakuunboku0805-3.jpg

          ただ ただ それだけ。





hakuunboku0805-4.jpg







hakuunboku0805-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS





青空を飛べないとしても
2008.05.27 (Tue)



            たどり着くまでのあいだに





momiji0805-2.jpg

            たくさんの夢を見れるはず。





momiji0805-3.jpg







momiji0805-4.jpg








momiji0805-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS





仲がいいにも ほどがある。
2008.05.26 (Mon)

            窓際の枝が 切り掃われたからって
            俺が仕事もできない窓際族で やることがないからって
           
            毎日毎日 ここに来てイチャイチャして
            仲のいいとこ 見せつけてるんじゃねぇよ。








            
            おい! 恍惚の表情浮かべているんじゃねぇ!






            
            ばか野郎! 
            俺だって 家に帰れば お前らに負けないくらい

            とっても 仲いいんだぞ!

            嘘だと思うんなら 家のベランダに来て覗いてみろよ。
            お前らが悔しがるくらい すげー仲いいとこ見せつけてやるから


           

            こらっ!! 変態!! って顔で見るんじゃない!!

kijibato0805-2.jpg


Canon PowerShot S3 IS






山吹の季節
2008.05.25 (Sun)



北向き斜面の麓(ふもと)を縫うようにして 小川が流れていた。
一跨(ひとまた)ぎで渡れるほどの せせらぎをなぞるように 
黄色い花が新緑の木陰に咲く。

それを合図にしたかのように 上流のため池の栓が ひとつ抜かれた。






yamabuki0805-2.jpg

勢いよく流れだした水は日当たりのいい 沢の中央を下り
川底にできた幾つかの水たまりを 次々に繋(つな)いで流れてゆく。

水かさを増した小川は
川底に転がる小石の数だけ
キラキラと輝き ゆらぎだした。







yamabuki0805-3.jpg


遠くでトラクターの低く唸る音が 山間(やまあい)に響いている。

沢は 下るにつれ広がりを見せ 小川は二手に分かれ
一方はそのまま下り もう一方は北向き斜面の麓(ふもと)へと流れ込んでゆく。

そこには黄色い花と 所どころに白い花が 
やまの木陰に守られるようにして咲いていた。

新緑に色づいた木々の透き間から 
ウグイスの最後の鳴き声が 綺麗に響いてくる。

田んぼに水が張られ ひかり輝きだすと
ウグイスは 鳴き声をカッコウに譲って 山の奥へと戻ってゆくのだろう。







kajiitigo0805-1.jpg

裕福な暮らしと引き換えに 失ったものの大きさに気づかない。

そう遠くもない昔 山吹の季節 
沢の田圃には家族総出で 親戚総出で
もっとたくさんの人影と 子供たちのはしゃぐ声があったはずなのに。 

家族の絆 親戚の絆を断ち切るように 
遠くでトラクターの低いうなり声だけが 響いている。

絆が薄れたから機械に頼ったのだろうか
機械に頼ったから絆が薄れていったのだろうか



ぼくは今 都会の遊歩道の縁(へり)に腰を降ろし 
日当たりのいい花壇に植えられた 山吹の花を眺めながら
ドラマや小説でしか見たことのない現実を ぼんやりと思いやっている。

木陰に守られることもなく 咲き誇っても
すぐに 光の強さに疲弊してしまうだろうに。






yamabuki0805-4.jpg


田圃に水が張られると 水田は光を拡散させ
レース越しの光のように 北向き斜面を やんわりと明るくさせた。

泣きやまぬホトトギスの物悲しげな鳴き声が 新緑のひかりに溶け込んでゆく

木々の合間を縫って
我が子の寝顔も知らない
我慢を忘れた自由たちが 驚いたように飛び去って行く。







yamabuki0805-5.jpg


木陰に咲いてこそ 黄金(やまぶき)の花


Canon PowerShot S3 IS












皐月の嵐
2008.05.24 (Sat)





Canon PowerShot S3 IS




水辺に咲く紫の花
2008.05.24 (Sat)





Canon PowerShot S3 IS










きみだってひかりを欲しがっている。
2008.05.23 (Fri)













        拒否し続けて背を向けて いたとしても

syaga0805-2.jpg






syaga0805-3.jpg







syaga0805-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS



なにを残せたのだろう
2008.05.21 (Wed)








tutuji0805-2.jpg







tutuji0805-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS





芹葉飛燕草
2008.05.21 (Wed)









seribahiensou0805-2.jpg







seribahiensou0805-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS





風はとどまることなく流れて行ってしまう。
2008.05.20 (Tue)



            その場に留まるものの想い
            去って行くものの想い





watage0805-2.jpg

             留まってほしいと願うのだけれど
             流れ去ってこそ風






watage0805-3.jpg







            すみません なんども同じ手を使ってしまって。

watage0805-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS





石楠花
2008.05.19 (Mon)









syakunage0805-2.jpg







syakunage0805-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS





待つ wait
2008.05.18 (Sun)









matsu0805-2.jpg





matsu0805-3.jpg





matsu0805-4.jpg





matsu0805-6.jpg


Canon PowerShot S3 IS




藤の花房を伝うように夕日は落ちていった。
2008.05.17 (Sat)



            
            悲しみのひとつひとつに 花を咲かせ
            お寺の境内は 雪駄のあわただしい音も遠のいて
            夕方の準備をしている。






fujinohana0805-2.jpg


            帰りを急ぐ自転車のブレーキの きしむ音をも飲み込み
            暮れゆく寂しさを伴って
            境内は静まりかえった。           







fujinohana0805-3.jpg







fujinohana0805-4.jpg







fujinohana0805-5.jpg












fujinohana0805-6.jpg


Canon PowerShot S3 IS





たんぽぽ畑
2008.05.16 (Fri)






tanpopo0805-2.jpg




tanpopo0805-3.jpg




tanpopo0805-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS




あめあがりの太陽は
2008.05.15 (Thu)





akigase0805-2.jpg



akigase0805-3.jpg



akigase0805-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS





すこしばかり気づくのが遅くなった花
2008.05.14 (Wed)



            いつも遥か彼方の夢を見ていた。
            それは現実逃避というタグが貼られていて
            いつでも 取り出すことができた。

            なにひとつ 傷痕も付けられない重さもない消えゆく時間。





botan0805-2.jpg

            こころを引きずって 一歩踏み出せば
            足元を見ないわけにはいかない。
            ねえ。 そうでしょ痛みを感じるならば。





botan0805-3.jpg

     いままでだって そうしてやって来たんでしょ。
     気付かなかっただけ
     真剣になれば未来なんて 足元に転がり落ちているんだって。






botan0805-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS





河原に咲く菜の花
2008.05.13 (Tue)









nanohana0805-2.jpg







nanohana0805-3.jpg







nanohana0805-4.jpg







nanohana0805-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS





走野老 (はしりどころ)
2008.05.12 (Mon)



どれだけの毒気にあてられれば ぼくはこんな所まで来る必要があったのだろうか。






hasiridokoro0805-2.jpg

            芽吹く前のカラマツ林は 光が遊び放題で
            まるで きみにもてあそばれてるみたいだ。





hasiridokoro0805-3.jpg

            ぼくはいったいどれだけ 気付かずに 
            きみに毒を吐き続けたっていうのだろうか。





hasiridokoro0805-4.jpg

            一晩中 寝もしないで走り続け
            きみの難問を解き続け 拒否され続けてきた。





hasiridokoro0805-5.jpg

           そうして こんな山奥でひざまずき 許しを乞うている。

           気づけないんだ ぼくには
           きみは 沈黙を守ったままだから 
           走り続けるしか方法がないんだ。





hasiridokoro0805-6.jpg


Canon PowerShot S3 IS





薄れてゆく記憶の中で
2008.05.11 (Sun)



リアルな夢を見たあとの臨界を彷徨う時の浮遊感





renge0805-2.jpg

夢でよかったと思う安堵感にのしかかる現実の重さ

天秤にかけている。




renge0805-3.jpg

痛みなんか薄れていけばいいのに 
紫雲英(げんげ)の海のなかで 現実より重い夢を見てる。





renge0805-4.jpg







renge0805-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS




雨上がりの郁子
2008.05.10 (Sat)









mube0805-2.jpg

 郁子(むべ) 常磐通草





mube0805-3.jpg







mube0805-4.jpg







mube0805-5.jpg







mube0805-6.jpg







mube0805-7.jpg



Canon PowerShot S3 IS




くさいちご
2008.05.08 (Thu)



        病にさいなまれても
        生きることには無駄がない。  くさいちご。

        ほろ酢っぱい真っ赤なその実は 
        粉薬を飲んだ時のようで ほろ苦さがいつまでも心の奥に残った。






Canon PowerShot S3 IS





おれを無視する素敵なチェーンをつけたネコ
2008.05.06 (Tue)



   おれの娘でもないのに おんなじ素振り。 




Canon PowerShot S3 IS







民話の少女はいつも悲しそう
2008.05.05 (Mon)









suzuran0805-2.jpg







suzuran0805-3.jpg







suzuran0805-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS





早い春 遅い春
2008.05.04 (Sun)



            どきどきしていた
            きっと どきどきしていた。





katakuri0805-2.jpg

            想い描いていたものが
            あっという間に 強烈なフレアのなかに飲み込まれていった。





katakuri0805-3.jpg

            突然の出会いに 
            こんなちっぽけなお社(やしろ)の神様の前で 
            こんな僕だっていい子になって 
            ひざまずいてヤマシイこころと戦ってしまう。




katakuri0805-4.jpg







katakuri0805-5.jpg







katakuri0805-6.jpg







katakuri0805-7.jpg







katakuri0805-8.jpg







katakuri0805-9.jpg



Canon PowerShot S3 IS





さえずり
2008.05.03 (Sat)

amana0805-02.jpg

ツーピー ツーピー ツーピーとシジュウカラの囀(さえず)りと大粒のひかりが
天気雨のようにして降りしきる。





若い草いきれの地べたの空気は微動だにせず
ひかりと影の動きで 林の上空はゆっくりと小枝を泳がせているのがわかる。




amana0805-03.jpg

こんな止まった時間の中でも ぼくはなにか悪いことを考えている。




amana0805-04.jpg

このままずうっと そう このままずうっと






amana0805-05.jpg





amana0805-06.jpg


Canon PowerShot S3 IS





あまなの春
2008.05.02 (Fri)



森の奥では 春の雨に打たれたばかりの あまなの花が目覚めた。





amana0805-2.jpg

タチツボスミレのにぎやかさに隠れるようにして ひっそりとうなだれている。




amana0805-3.jpg

               そう 渇きを潤すようにひかりを求めて 
               そう 草木をぬぐうようにして身をくねらせている。





amana0805-4.jpg







amana0805-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS



くものいと
2008.05.01 (Thu)



食べること以上の重さを想定していないから






yukiyanagi0805-02.jpg

いともたやすく切れてしまう綱渡り





yukiyanagi0805-03.jpg

意味もない重さをかけたりしては 不平不満ばっかり ぶら下げてしまう。






yukiyanagi0805-04.jpg

あさのひかりでリセットできれば簡単なんだけど

生きてきた過程がまとわりついて 離れない。




yukiyanagi0805-05.jpg















yukiyanagi0805-06.jpg


Canon PowerShot S3 IS





≪ 2008/04 ≪    HOME    ≫ 2008/06 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。