BADRUN:

 

     
      
≪ 2008/05 ≪ ≪ 過去へ ≪ ≫ 2008/07 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常の至宝
2008.06.30 (Mon)



 身体の中にはマイナスが停滞していて 
 いつも ネガティブを掲(かか)げてポジティブに変えようとしているんだ。






viola0806-2.jpg

       こころの中には暗闇ばかりが支配していて 
       いつも 闇から光に向かって這いあがるんだ。






viola0806-3.jpg

 頭の中には否定ばかりが詰まっていて 
 いつも NOからYESに向かって進むんだ。

 NOから立ち向かうYESがあってもいいと思う。
 ぼくには それが一番。

 

 そこに映し出されるのは ありふれた日常の風景。



viola0806-4.jpg


Nikon COOLPIX5100






スポンサーサイト

ほんのちょっとだけ 肌寒い朝
2008.06.29 (Sun)










pansy0806-2.jpg









pansy0806-3.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ







虚空
2008.06.28 (Sat)



            鈍色(にびいろ)の空の切れ目から 鈍い光が射して
            おおきな水たまりを 宙(そら)に変えた。

            光と影は 曖昧な境界線を持っている。





nibiiro0806-2.jpg

            
            光が描き出した影の中に 光を抱きかかえこんで
            一歩 また一歩 坂道を下ってゆく。

            遠い遠い未来に たとえ時空が違っていたとしても
            わかり合える時間がくることを信じて。





nibiiro0806-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS







暗闇のあめんぼう 音も立てずに泳いでいる。
2008.06.28 (Sat)




Canon PowerShot S3 IS






四角く剪定された皐月の生垣
2008.06.27 (Fri)










satuki0806-2.jpg








satuki0806-3.jpg








satuki0806-4.jpg








satuki0806-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS





やまぼうし
2008.06.27 (Fri)










yamabousi0806-2.jpg








yamabousi0806-3.jpg







yamabousi0806-4.jpg








yamabousi0806-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS






こんなそぼ降る雨の日だから 朝一番早い光を浴びた紫陽花を
2008.06.26 (Thu)











gakuajisai0806-12.jpg









gakuajisai0806-13.jpg










gakuajisai0806-14.jpg









gakuajisai0806-15.jpg









gakuajisai0806-16.jpg









gakuajisai0806-17.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ






思い出したんだ そのほろ苦い懐かしい感情と感覚。
2008.06.25 (Wed)



 ありがとう の言葉を添えて。
 
 感じていてくれているのかなぁ。 それがすべてじゃないよって。





niwaume0806-2.jpg








niwaume0806-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS






胸の想いは
2008.06.24 (Tue)












digitalis0806-2.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ



すっきりと晴れるでもなく 空は泣き出すわけでもなく 
2008.06.23 (Mon)










okutamako0806-2.jpg








okutamako0806-3.jpg








okutamako0806-4.jpg







okutamako0806-5.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ





迷路に置かれていた弟切草
2008.06.22 (Sun)



            魂の抜け殻を拾い集めて
            毒にするのも薬にするのも自分次第。








biyouyanagi0806-2.jpg

                    
                    未央柳







biyouyanagi0806-3.jpg









biyouyanagi0806-4.jpg









biyouyanagi0806-5.jpg









biyouyanagi0806-6.jpg









biyouyanagi0806-7.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ







梅雨だってまんざら 悪くはない。
2008.06.21 (Sat)









murasakituyukusa0806-12.jpg








murasakituyukusa0806-13.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




ひるざきつきみそう
2008.06.20 (Fri)



 水を含み湿り気をおびた太陽が昇ると 時間はリセットを繰り返し
 夜更けに欠けた月が散らかした 鉛灰色の光の粒を
 一粒一粒 丁寧に磨きあげてゆく。







hiruzakitukimisou0806-2.jpg

 もし ここできみが立ち止まったとしても
 ぼくには きみを前に進める言葉なんか持っちゃいない。









hiruzakitukimisou0806-3.jpg

 汗ばんだ 額から流れ落ちる汗と 一緒に滴り落ちたもの
 その意味に答えられるほど やさしいとは思っちゃいないけどね。 

 そうだよね。 テレビゲームのように簡単にリセットできれば
 何事もなかったように また一から始められればいいんだけれど。






hiruzakitukimisou0806-4.jpg

 でも 立ち止まった足元を見つめて見れば
 完全にリセットって訳にはいかないけど
 少し ほんの少しだけ 和らぐことが転がっている。






hiruzakitukimisou0806-5.jpg

            雨上がりの朝は 一生懸命 太陽はきみの涙を磨いている。











hiruzakitukimisou0806-6.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




日常のほんのちょっとしたことが幸せだったりして
2008.06.19 (Thu)









gakuajisai0806-2.jpg







gakuajisai0806-3.jpg







gakuajisai0806-4.jpg







gakuajisai0806-5.jpg







gakuajisai0806-6.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ







どれだけの愛情をかければ
2008.06.19 (Thu)

















rose0806-2.jpg











rose0806-3.jpg











rose0806-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS






薔薇
2008.06.18 (Wed)









bara0806-2.jpg






bara0806-3.jpg






bara0806-4.jpg






bara0806-5.jpg






bara0806-6.jpg


Canon PowerShot S3 IS





さみしいのはきらい
2008.06.17 (Tue)













euryops-daisy0806-2.jpg



Canon PowerShot S3 IS





生まれたての不安
2008.06.16 (Mon)










hinagesi0806-2.jpg


Canon PowerShot S3 IS







後楽園の夕刻
2008.06.15 (Sun)











kourakuen0806-2.jpg

スクリーンに映し出されるのは悲しいニュース
画面が大きすぎて仮想現実の世界。





OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ





「おだまり!」と心の中でつぶやいてみた。
2008.06.14 (Sat)



   生まれたての朝の光は ちっとも落ち着きがなく
   古びた団地の隙間を 風息とともにあわただしく駆け抜ける。 







odamaki0806-2.jpg

   小鳥の囀りとともに ベランダに置かれた洗濯機のモーター音がせわしなく 時を焦らせている。
   ゴンゴンゴンって脱水の始まったドラムの唸り声が 順調に響きだすと
   誰も彼もが後ろから押し出されたように 団地の階段を駆け降りてくる。

   ちょっとだけ太陽の位置を確認しては 同じ軌跡を描いて流れてゆく。





odamaki0806-3.jpg

   そんな時の流れに逆らうようにファインダーを覗いてるぼくは 
   後ろめたさを引きずっていて
   犯罪者の心理に近づいてゆく気がしているんだ。

   いつもの朝の風景に似付(につか)わしく無い 異物に出くわしたような
   そんな視線を感じている。





odamaki0806-4.jpg

   誰かが咳をするたび 窓をあける音がするたび
   ありふれた朝の騒音が 責め立てているようで
   後ろめたさを引きずった 臆病なぼくは
   まるで野良猫のように こころが一瞬 立ち止まってしまう。






odamaki0806-5.jpg

   そんな ぼくを追い払おうとするかのような 咳払いが聞こえてくるたび
     
   「おだまり!」って心の中でつぶやいてみるんだ。
   自分の心の中にある なにかに向かって問いかけるようにして。







odamaki0806-6.jpg

   おだまきの花は 朝の風息に右に左にと翻弄されている。    


      おだまき!







odamaki0806-7.jpg


Canon PowerShot S3 IS






仙人掌の華
2008.06.13 (Fri)









cactus0806-2.jpg







cactus0806-3.jpg







cactus0806-4.jpg


Nikon COOLPIX P5100





ジャーマンアイリス
2008.06.12 (Thu)









German-iris0806-2.jpg

            げんきにしていますか。 ぼくの想いは いま 羽ばたこうとしています。






German-iris0806-3.jpg







German-iris0806-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS




むかし道
2008.06.11 (Wed)



梅雨間(つゆま)の太陽は気まぐれで 
深山幽谷の地に ひとつふたつの光を投げ入れては
せせら笑うように 逃げてゆく。






mukasimiti0806-2.jpg

腐りきらない 堆積物をすべて取り払えば
人間の悩みや辛苦なんて むかしからなんら進化しちゃいない。







mukasimiti0806-3.jpg


とっても ちっぽけだなんて 一言じゃ片付けられない。






mukasimiti0806-4.jpg



自分の足でしか登れない道は 今も昔も同じ重さの荷物を背負っている。







mukasimiti0806-5.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ





オレンジ通りの開店までの店番
2008.06.10 (Tue)









angelus0806-2.jpg







angelus0806-3.jpg

 あっちへ行ってろ ってか。


Canon PowerShot S3 IS







浅草のユリ
2008.06.08 (Sun)




OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




明日のことなんか ちっとも憂いちゃいない。
2008.06.07 (Sat)



       あしたが雨だって なにをそんなにくよくよ悩んでいる。
       あしたになったら ただ一歩 踏み出せばいいこと。





murasakituyukusa0806-2.jpg

        ぬかるみにハマったら 乾くのを待てばいい。






murasakituyukusa0806-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS





ひとつばたご
2008.06.06 (Fri)



 なんじゃもんじゃの木





nanjyamonjya0806-2.jpg







nanjyamonjya0806-3.jpg






nanjyamonjya0806-4.jpg






nanjyamonjya0806-5.jpg





nanjyamonjya0806-6.jpg






nanjyamonjya0806-7.jpg


Canon PowerShot S3 IS



紫蘭
2008.06.05 (Thu)








siran0806-2.jpg






siran0806-3.jpg






siran0806-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS






外を見つめるベランダの庭石菖
2008.06.04 (Wed)









niwazekisyou0806-2.jpg







niwazekisyou0806-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS






星空に降る冷たい雨
2008.06.03 (Tue)



          思っていたより 夜の闇は冷気を含んでいて 
          明け方まじかに 星空に冷たい雨を降らせた。
          




ego0806-2.jpg

          65センチのビニール傘から 見上げる空には
          透淡緑の雲間から降りしきる雨粒の中に 満天の星が瞬いていた。






ego0806-3.jpg

          立ち止まり見上げている僕の 後ろ
          怪訝そうに見上げては 「あら、きれいね。」の言葉が
          立ち止まることもなく 通り過ぎる。

          雨の日は 子供を自転車に乗せた おかあさんはトッテモ忙しい。
          カッパの帽子のへりをつまんで 男の子が振り向いている。





ego0806-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS






≪ 2008/05 ≪    ≪ 過去へ ≪    HOME    ≫ 2008/07 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。