BADRUN:

 

     
      
≪ 2008/07 ≪ ≫ 2008/09 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかきっと 明日を探し当てて
2008.08.31 (Sun)



        腐るほどのマンネリを積み重ねて その中から僕の明日を見つけるんだ。







a0808-2.jpg

 厭きるほどのマンネリの中に もっともっと魂を塗り込めば 明日が見えるかもしれない。








a0808-3.jpg








a0808-4.jpg










a0808-5.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




スポンサーサイト

なまめかしい姿態
2008.08.30 (Sat)









cocktail0808-12.jpg








cocktail0808-13.jpg







cocktail0808-14.jpg


Nikon COOLPIX5100







白蝶草 はくちょうそう
2008.08.28 (Thu)









hakutyousou0808-2.jpg









hakutyousou0808-3.jpg








hakutyousou0808-4.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




竹林を駆け抜ける電車
2008.08.27 (Wed)









tikurin0808-2.jpg







tikurin0808-3.jpg










tikurin0808-4.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




 百合
2008.08.26 (Tue)

lily0808-2.jpg















lily0808-3.jpg



OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




ひかりの中でまどろむ
2008.08.25 (Mon)



        必死に生きているからこそ 必要な休息の時間





siokaratombow0808-2.jpg

        今日を生き抜くために暖まる とっても大切なひと時






siokaratombow0808-3.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ







 web
2008.08.24 (Sun)



       実ひとつ生らなかった 紅葉李の大木に 
       ひっそりと張られた小さな罠
       
       そのべたべたした感触で ぐるぐる巻きにされて
       からからになって 捨てられるのかな






spin-a-web0808-2.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ






燃え続ける想い
2008.08.24 (Sun)




OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ





姫檜扇水仙 ひめひおうぎずいせん
2008.08.17 (Sun)



 四階建ての古びた団地の樹木は 屋上まで背を伸ばしている。
 団地と団地の谷の隙間 時を区切るようにして 
 手入れされた花壇には 朝の光が射し込んでいた。






montbretia0808-2.jpg

 この団地が建った時 どれくらいの太さだったかはわからないが
 今では一抱えもあるほどに育った桜の木が 花壇に大きな影を落としている。

 その陰に包まれるようにして 老女が背を小さく丸め しゃがみこんでいる。
 彼女の後ろには 雑草の小さな山がゆっくりと築かれていく。

 この止まったような時間の中 団地の向こう 一戸建ての新興住宅地からは
 駅に向かうあわただしい足音が 坂道を下って来て通り過ぎてゆく。







montbretia0808-3.jpg

 通り抜けるだけになってしまった年老いた団地
 時間にあぶれた老人たちが 
 四角く区切られただけの藤棚のある小さな公園で 朝の挨拶を交わしている。

 残された記憶を育てるようにして 花壇は手入れされてゆく。
 雑草の小さな山を幾つか築き 姫檜扇水仙の葉をゆらし
 彼女の姿は花壇の景色の中に ゆっくりと溶け込んでいった。 








montbretia0808-4.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ





慈悲
2008.08.12 (Tue)



         じゅうぶんいけない事してる気分で
         フェンスの下から覗いている。




kanokoyuri0808-2.jpg

         じゅうぶんドキドキした気分で
         光が当たるのを待っている。




kanokoyuri0808-3.jpg






 ありったけいやらしい部分まで見せつけて 許そうとしている。

kanokoyuri0808-4.jpg








kanokoyuri0808-5.jpg







kanokoyuri0808-6.jpg








夏祭りの熱の余韻を残して
2008.08.09 (Sat)



 熱帯夜の寝苦しさの 寝返りの先に 忍び寄る秋の気配。






akatombow0808-2.jpg








akatombow0808-3.jpg


Canon PowerShot S3 IS






合歓の木
2008.08.07 (Thu)








nemunoki0808-2.jpg






nemunoki0808-3.jpg






nemunoki0808-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS







団地の夕景
2008.08.02 (Sat)

dantinoyuuyake0808-2.jpg

 太陽が地平線にもぐり込む準備を仕出すと 驚嘆のざわめきが団地の通路にあふれだし 
 携帯のシャッター音をひとつふたつ残して 夕刻のあわただしい時間の中に遠のいてゆく。

 洛陽は 残照に赤く染まった外階段の踊り場に ひとつの影を置き去りにしていった。 










OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ









≪ 2008/07 ≪    HOME    ≫ 2008/09 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。