BADRUN:

 

     
      
≪ 2008/08 ≪ ≫ 2008/10 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜陰のエゴイズム
2008.09.28 (Sun)



あなたのエゴが鼻について それを飲み込んでしまったら
ボクの中で 腐りだしたエゴは 
まるで自分の醜い所を見せつけられているようで
二倍三倍に膨らんでしまった。








mayonakanomanjyusage0809-2.jpg

Canon PowerShot S3 IS








mayonakanomanjyusage0809-3.jpg









mayonakanomanjyusage0809-4.jpg









mayonakanomanjyusage0809-5.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ







スポンサーサイト

月の光で咲きだしているのでしょうか
2008.09.27 (Sat)



ボクの走り出す速度でも間に合わない





konagi0809-2.jpg







konagi0809-3.jpg






konagi0809-4.jpg






konagi0809-5.jpg







konagi0809-6.jpg


Canon PowerShot S3 IS









きっとうまくいくさ まだ刈り採るときじゃない。
2008.09.22 (Mon)









akane0809-2.jpg








akane0809-4.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




さようなら 最後の一日
2008.09.21 (Sun)





ドアを開けると 首筋から足元まで絡み付くように
冷めやらぬ夜のとばりが 流れ込んできた。 
余熱を帯びたマンションのドア  鉄の重さを感じながら
静けさに気遣って そっと閉めた。

そんな わずかな振動にも おびえ逃げ惑うセミの羽音に 驚いている。








semi0809-2.jpg

切れかかったエレベーターホールの蛍光灯のひとつが ジジジジッと明滅している。
足音の一歩一歩に反応して ジタバタと蛍光灯に飛びかかり
床にひっくり返っては じっと蛍光灯の光を仰いでる。

なんどもなんども繰り返し
まるで蛍光灯の光の先に 理想郷が見えてるみたいにさ 

苦しいのかな
いままでで 最も長い 最後の一日が始まる。








semi0809-3.jpg

九つの頃芽生えた死への恐怖が いまだ解決つかずに 脳細胞の中を彷徨っている。

その一本の糸を切れば 
セミはお前を神様だと思うだろうって 誰かがささやきかけてくる。
だが クモは悪魔と罵るに決まっている。
いったい何を基準にして 善と悪を決めてるのだろう

自分をいい気分にさせる正解だったら いつでも用意できるんだけど
その裏側にはいつも もう一つの正解が泣いている。

そうなんだ いつだって生きるだの死ぬだのってのが 天秤にかけられぶらぶらしている。








semi0809-4.jpg









きみは 思い残すことなく未来を残せたのだろうか。


semi0809-5.jpg


Canon PowerShot S3 IS




秘密の森
2008.09.18 (Thu)



       平等に権利を 与えられる時代じゃないだろ。
       ボクの秘密の森には 行き場を失った光たちが 右往左往している。





syuukaidou0809-2.jpg

       高く生い茂った年月の向こう いったい何が見えるというのだろう。
       
       わずかばかりの蜜に群がるようにして
       人間って奴は隙あらば 結実もしない花の蜜を むさぼるために
       自分を正当化させようと 必死に企んでいる。

       そうさ ボクだって間違いなく そういう人間なんだって。












syuukaidou0809-3.jpg


あなたは 自分の欲しがるどれくらいを 人に与えてきたっていうの。







syuukaidou0809-4.jpg








syuukaidou0809-5.jpg








syuukaidou0809-6.jpg








syuukaidou0809-7.jpg


Canon PowerShot S3 IS





折れない心
2008.09.17 (Wed)









mukuge0809-2.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ






もぎ取られた夏
2008.09.16 (Tue)




Canon PowerShot S3 IS




あさまで待てない
2008.09.15 (Mon)










matuyoigusa0809-2.jpg


Canon PowerShot S3 IS




音もたてず 影を落とす
2008.09.14 (Sun)



 電波銀河の天空からひらひらと
 まるで枯葉のように舞い降りて
 行き交う人々の足元を縫うように
 地面スレスレで踊ってみせた。
 






kuroageha0809-2.jpg

 とてつもなく熱い日差しの中で くっきりと その遊歩道に
 消す事の出来ない影を焼き付けて 天高くフレアの中に消えた。







kuroageha0809-3.jpg







kuroageha0809-4.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




  萩
2008.09.11 (Thu)



 空は夏の色を残し 育ちきれないでいる積乱雲のすみっこに うっすらと秋を描き出している。
 あの日から ふと 夜は半分まで膨らみかけた月を 冷たく輝かせた。








hagi0809-2.jpg

 意味もなく立ち止まったりしては 野良猫のように後ろを振り返ってしまう。
 きっと 何かに襲われるような気分に なってしまったんだろうな。
 そこには いつだって恥ずかしい自分が こっちを見つめていたりするんだ。









hagi0809-3.jpg







hagi0809-4.jpg







hagi0809-5.jpg







hagi0809-6.jpg


Canon PowerShot S3 IS






 晩  夏
2008.09.11 (Thu)



       遥か遠くで夏の終わりを告げる 落雷の音が響いている。

       「ほら。 早くしないと雨が降ってきちゃうよ。」
       若い母親が 子どもの足を急き立てている。
       こんなにも暑いのに 見上げる空に 一抹の寂しさが広がってゆく。

       風があわただしくなり ぼくの足も早めさせた。


        




natunocosmos0809-2.jpg


Canon PowerShot S3 IS




陽が射す わずかの間に
2008.09.10 (Wed)









asatuyu0809-2.jpg







asatuyu0809-3.jpg







asatuyu0809-4.jpg


Canon PowerShot S3 IS






記憶の中のあぜ道に咲く花 野萱草 
2008.09.08 (Mon)




OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ





百日 何を想い願うのか
2008.09.06 (Sat)



 深緑に塗られた景色のなかに 生まれたままの色をして艶めかしくたたずむ。
 逝き過ぎた想いを くしゃくしゃにしてさ
 生きてる時に 生まれ変われるって信じられたら良かったのにね。

 生まれたままの色をしてさ 古い皮が剥がれるようにして






sarusuberi0809-2.jpg









sarusuberi0809-3.jpg








sarusuberi0809-4.jpg







sarusuberi0809-5.jpg







夏の隙間にひっそりと
2008.09.05 (Fri)









natuzuisen0809-2.jpg







natuzuisen0809-3.jpg







natuzuisen0809-4.jpg

Canon PowerShot S3 IS






natuzuisen0809-5.jpg







natuzuisen0809-6.jpg




OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ








闇を喰い尽せ
2008.09.02 (Tue)



 朝の光は低く垂れこめて まるで生き物のように 
 徐々に湿った大地の闇を蝕んで 自分の場所を広げてゆく。

 そうやって ひとつひとつの昨日の想いを乾かしてゆく。






asa0809-2.jpg










asa0809-3.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ




≪ 2008/08 ≪    HOME    ≫ 2008/10 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。