BADRUN:

 

     
      
≪ 2009/08 ≪ ≫ 2009/10 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの秋の空を待ち焦がれる。
2009.09.30 (Wed)




Canon PowerShot S3 IS

スポンサーサイト

生まれたての太陽だって 抱えてる不安
2009.09.27 (Sun)











sun0909-2.jpg












sun0909-3.jpg












sun0909-4.jpg


               









sun0909-5.jpg












sun0909-6.jpg






OLYMPUS CAMEDIA SP-565UZ

曼荼羅
2009.09.24 (Thu)



  夜のしじまの中 誰に気づかれることなく 
  天空から 竹トンボのように くるりくるり

  闇の冷気と一緒に舞い降りてきて
  突然 予期せぬところに華を咲かせるのです。









manjyusyage0909-2.jpg


  そして 夜露と一緒に そう 誰かさんと一緒で 

  泣いているのです。










manjyusyage0909-3.jpg




Canon PowerShot S3 IS

彩  湖
2009.09.22 (Tue)

saiko0909-1.jpg












saiko0909-2.jpg












saiko0909-3.jpg



OLYMPUS CAMEDIA SP-565UZ

ぷらすちっく
2009.09.19 (Sat)



  小鳥の囀(さえず)りも 蝉の降り注ぐ灼熱の鳴き声も 
  静寂の景色の中に溶け込んで 静まり返っているっていうのに
  対岸から発せられる 人の言葉が湖面を滑るようにして たどり着いた。

  









misyagaike0909-2.jpg


  なまじ意味がわかるから よせばいいのに理解しようとするから
  その言葉が こころの中に溶け込もうとせず
  いつまでも プラスチックのように ぷかぷか浮かんでいる。










misyagaike0909-3.jpg


  いつでも大気の微妙な動きが ちいさな漣(さざなみ)を起こすんだよね。

  そんなんこんなんで こころの住処が見つからない。











misyagaike0909-4.jpg



OLYMPUS CAMEDIA SP-565UZ

鎮魂華(たましずめばな)
2009.09.16 (Wed)






               しずかに しずかに そして しずかに光にゆれる。









sirohagi0909-2.jpg



          ふかく ふかく さらに ふかく鎮(しず)めてゆく 祈りにも似た感情。
          











sirohagi0909-3.jpg













sirohagi0909-4.jpg



Canon PowerShot S3 IS

忘れ去られた季節
2009.09.15 (Tue)




   抜け落ちた季節がある 
   この時のぼくは何を思っていたのか 思い出せないでいる。

   赤い想いか 青い想いか
   
   重い 想いなのは確かなのだが
   枯れ行く先も 未来なのだから
   双方とも 覚悟を決めた明るい色をしている。









ooinufuguri0909-1.jpg


Canon PowerShot S3 IS

傷つけたのは誰
2009.09.13 (Sun)



                 ぼくの無神経な言葉
                 それとも きみ自身

                 どんなに傷ついたって 
                 どこまでも飛んで見せるって
                 言ってたじゃない。

                 こころ根を推し量れないぼくは
                 あれから いつでも黒い影を追いかけている。










kuroageha0909-2.jpg



Canon PowerShot S3 IS

現実の破片
2009.09.07 (Mon)




 白け始めた夜空を背負って まだ 姿を見せぬ太陽の足音に急(せ)きたてられ
 曲がりくねった峠道を ヘッドライト軋(きし)ませ駆け上った。

 苔むした まるで 原生林のような大木の隙間
 息切れした呼吸が小鳥のさえずりさえも掻き消し 埋め尽くしてゆく。

 そう いつも細胞のひとつひとつが 光と駆けっこしている。










sirakomaike0909-2.jpg



 思い描いていた夢なんて 現実と違うことなんかよくあることさ。
 
 現実のほんの一瞬の破片を拾い集めて
 また 未来の夢を描き出すんだ。













sirakomaike0909-3.jpg











sirakomaike0909-4.jpg












sirakomaike0909-5.jpg



OLYMPUS CAMEDIA SP-565UZ

彷徨える魂のように
2009.09.04 (Fri)



                 ふと 浮上して
                 ふと 脅えるように 沈んでゆく







medaka0909-2.jpg









medaka0909-3.jpg









medaka0909-4.jpg






≪ 2009/08 ≪    HOME    ≫ 2009/10 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。