BADRUN:

 

     
      
≪ スポンサーサイト ≪ ≫ 群れからの距離 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら ・・・デジイチ
2012.02.02 (Thu)







「大変申し訳有りません。 お預かりしたカメラ かなり中まで水が入っていて修理不可能 全損と言うことで 工場のほうから連絡が来ました」
自分が 何か不始末をしてしまったかのような 申し訳なさそうな事務員の声が受話器の向こうから聞こえた。
「はぁ ・・・そうですか。わかりました」
修理不可能 全損という言葉に動揺を隠せず 声の語尾がすこし上ずってしまった。





懐かしい海の味が唇から滲んできた。



hattatikaigan1201-2.jpg



Panasonic LUMIX G3


それは ただただ塩っ辛いっていう塩水ではなく、沢山のミネラルを含んだ なんとなくまろやかな味である。
遠い昔 海なし県で育った自分にとって 初めて海水の味に触れたときの あの衝撃的な感動がまざまざと蘇ってきた。



波はいつでも避けられるような心構えでいたし 何度も波のリズムを掴んでは逃げ切っていた。
まさか 左側面からの高波に襲撃されるとは思いもしなかった。

ジャンパーやカーゴパンツが斑模様に濡れていたので 波に飲まれたのではなく 波しぶきの端をかぶった程度だと思っていた。

カメラは若干濡れていたが その後撮影できた。

家に帰ってカメラ本体をUSB接続して データーを取り込み終えると 責任を全(まっと)うした安堵感からか 静かに息を引取ったのである。 コタツで温めてみたり ドライヤーで乾かしてみたり 熱湯につけてみたりと八方手を尽くしてみたのだが 二度と立ち上がることはなかった。


撮影していた場所が場所だけに 神の怒りに触れてしまったのだろうか。
「オマエごときがデジイチを持つのは一億年早いわ いや 未来永劫持つことは許さん」
と言われたような気がしてならない。

わずか半年にも満たない時間でしたが 楽しいひと時を過ごさせていただき わたくしは大変幸せ者でした。
G1の時からからずうっと成熟するのを待って やっと望みの80%を達成したG3でデジイチデビュー。

いいカメラでした。(ほか知らないけど)


デジイチを購入したことで 程度のいいコンデジを3台 キタムラで売っぱらってしまった私は 親を亡くした交換レンズ3本と 使い道のなくなった5個のバッテリーを抱えて 昔に戻ることすらも出来ず 途方に暮れています。





hattatikaigan1201-3.jpg



≪ スポンサーサイト ≪    HOME    ≫群れからの距離 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。