BADRUN:

 

     
      
≪ Mute Swan ≪ ≫ 力強く昇らなくてもいいから わくわくさせて ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのマクロレンズ   M.ZD ED 60mm F2.8 Macro
2013.07.03 (Wed)













suirenboku1307-7.jpg














suirenboku1307-3.jpg



OLYMPUS OM-D E-M5


長い間 コンデジで なんちゃってマクロ(疑似マクロ)を撮ってきた。
なんとかコンデジでレンズ交換カメラで撮ったようなマクロ写真が撮りたくて 
試行錯誤して長い年月が過ぎた。

いろいろ頑張ってみたのだが どうしてもレンズ交換カメラ写真に適わぬ箇所がいくつかある。

その一つが まるボケ の中身 まろやかなクリーミーさである。
コンデジで撮ると その まるボケ はどうも品がなくドギツさが出てしまう。

マイクロ一眼を購入 そのキットレンズで簡易マクロを試してみたのだが 思うような結果が出ない。

ED 60mm F2.8 Macroというマクロレンズが発売された。 
そのレンズで撮られた作画写真を 検索してたくさん見たのだが イメージ通りのものが見つからなかった。
マクロという拡大写真だったら コンデジでもじゅうぶん撮れる。
だからマクロレンズは諦めていた。

だが訳あって 資金の一部をカンパしてくれるという奇特なお方が現れて マクロレンズ購入を決心した。







suirenboku1307-5.jpg





 
 
届いたレンズの箱を開けてみてあまりの小ささに驚いた。
だいたいマイクロフォーサーズマウントのレンズの小ささにはいつも驚かされるのだが なんとED 60mm F2.8 Macroのレンズフィルター径は46mmであった。
今持っている マイクロフォーサーズレンズのフィルター径で最も小さいのですら52mmはある。

ボケの汚さはレンズ口径の小ささに原因があると思っていたので ガッカリしてしまった。






suirenboku1307-2.jpg




ベランダでの試し撮りの結果。
f2.8開放 まるボケの中身はきれいである。

希望が少しだけ湧いてきた気がする。








suirenboku1307-6.jpg














suirenboku1307-8.jpg














suirenboku1307-4.jpg



OLYMPUS OM-D E-M5
≪ Mute Swan ≪    HOME    ≫力強く昇らなくてもいいから わくわくさせて ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。