BADRUN:

 

     
      
≪ 冬の抜殻(わすれもの) ≪ ≫ ひだまりの場所 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝霧に閉ざされた咆哮
2014.04.17 (Thu)

swan1404-1.jpg













swan1404-2.jpg





大気より冷たいと思われる水のほうが はるかに温かいことだってある。









swan1404-3.jpg


Panasonic LUMIX FZ200







霞む景色の向こうから 名前に似つかわしくない 全身から絞りだすかのような 咆哮が響いてくる。

意味は違えど 自分も 脳裏の中にぼんやりとした過去が クッキリと浮かび上がるとき
こころのなかで 時には口をついて こんな叫びを発してしまうことがある。





swan1404-4.jpg








白濁した揺らぐ大気の向こう 昇り始めた太陽がおおきな口を開けると
その熱を受け止め あたりは赤銅色に景色を変える。







swan1404-5.jpg








「彼らは飛び立つ前に必ず 首を振りあい 鳴き声の合図を交わしてから 飛び立つからすぐにわかる。」
長老のカメラマンが語った。



その日 彼らは飛び立つことは無かった。







swan1404-6.jpg








彼らは知っていたのであろう 餌場である田んぼには まぶしいくらい光を反射する真っ白い雪が 厚く覆い尽くしていることを。

自然はじっと耐えることを要求している。
解ってる 解ってる でも・・・・・

今はこんな時間を過ごしてる。 







swan1404-7.jpg













swan1404-8.jpg



Panasonic LUMIX FZ200
≪ 冬の抜殻(わすれもの) ≪    HOME    ≫ひだまりの場所 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。