BADRUN:

 

     
      
≪ 誰にも見つけられず ≪ ≫ 満天の星空 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空への触手
2006.05.28 (Sun)



 リズムの無い風がそよぎ続けて 新緑の葉を裏返しにしたまま 色を淡くさせた。
 
 突然 地べたのすべてを巻き上げ 空気が咆哮をあげて押し寄せてきた。
 身構えるまもなく空気の波動に飲み込まれ 突如 光が遮られ暗転した天空から
 轟音とともに1㎜の隙間もない土砂降りが 
 浮き上がった大地をプレスするかのように降りそそいだ。 
 
aozora060523-2.jpg

 夜半過ぎにあがった雨は 厚く滞った雲をゆっくりと 朝までの時間をかけて掃き清めた。
 雲の切れ間の藍色の空に 突風に削り取られた月が 久しぶりに浮かんでいた。


aozora060523-3.jpg

 いかなる時も 青空はそこにあった。 

 まぎれもなく真っ青な青だった。 手を伸ばせば掴み取れる青だった。

 生きてる限り 目の前の空は真っ青だった。


aozora060523-4.jpg


≪ 誰にも見つけられず ≪    HOME    ≫満天の星空 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。