BADRUN:

 

     
      
≪ 薄れてゆく記憶の中で ≪ ≫ 河原に咲く菜の花 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走野老 (はしりどころ)
2008.05.12 (Mon)



どれだけの毒気にあてられれば ぼくはこんな所まで来る必要があったのだろうか。






hasiridokoro0805-2.jpg

            芽吹く前のカラマツ林は 光が遊び放題で
            まるで きみにもてあそばれてるみたいだ。





hasiridokoro0805-3.jpg

            ぼくはいったいどれだけ 気付かずに 
            きみに毒を吐き続けたっていうのだろうか。





hasiridokoro0805-4.jpg

            一晩中 寝もしないで走り続け
            きみの難問を解き続け 拒否され続けてきた。





hasiridokoro0805-5.jpg

           そうして こんな山奥でひざまずき 許しを乞うている。

           気づけないんだ ぼくには
           きみは 沈黙を守ったままだから 
           走り続けるしか方法がないんだ。





hasiridokoro0805-6.jpg


Canon PowerShot S3 IS





≪ 薄れてゆく記憶の中で ≪    HOME    ≫河原に咲く菜の花 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。