BADRUN:

 

     
      
≪ 皐月の嵐 ≪ ≫ 仲がいいにも ほどがある。 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山吹の季節
2008.05.25 (Sun)



北向き斜面の麓(ふもと)を縫うようにして 小川が流れていた。
一跨(ひとまた)ぎで渡れるほどの せせらぎをなぞるように 
黄色い花が新緑の木陰に咲く。

それを合図にしたかのように 上流のため池の栓が ひとつ抜かれた。






yamabuki0805-2.jpg

勢いよく流れだした水は日当たりのいい 沢の中央を下り
川底にできた幾つかの水たまりを 次々に繋(つな)いで流れてゆく。

水かさを増した小川は
川底に転がる小石の数だけ
キラキラと輝き ゆらぎだした。







yamabuki0805-3.jpg


遠くでトラクターの低く唸る音が 山間(やまあい)に響いている。

沢は 下るにつれ広がりを見せ 小川は二手に分かれ
一方はそのまま下り もう一方は北向き斜面の麓(ふもと)へと流れ込んでゆく。

そこには黄色い花と 所どころに白い花が 
やまの木陰に守られるようにして咲いていた。

新緑に色づいた木々の透き間から 
ウグイスの最後の鳴き声が 綺麗に響いてくる。

田んぼに水が張られ ひかり輝きだすと
ウグイスは 鳴き声をカッコウに譲って 山の奥へと戻ってゆくのだろう。







kajiitigo0805-1.jpg

裕福な暮らしと引き換えに 失ったものの大きさに気づかない。

そう遠くもない昔 山吹の季節 
沢の田圃には家族総出で 親戚総出で
もっとたくさんの人影と 子供たちのはしゃぐ声があったはずなのに。 

家族の絆 親戚の絆を断ち切るように 
遠くでトラクターの低いうなり声だけが 響いている。

絆が薄れたから機械に頼ったのだろうか
機械に頼ったから絆が薄れていったのだろうか



ぼくは今 都会の遊歩道の縁(へり)に腰を降ろし 
日当たりのいい花壇に植えられた 山吹の花を眺めながら
ドラマや小説でしか見たことのない現実を ぼんやりと思いやっている。

木陰に守られることもなく 咲き誇っても
すぐに 光の強さに疲弊してしまうだろうに。






yamabuki0805-4.jpg


田圃に水が張られると 水田は光を拡散させ
レース越しの光のように 北向き斜面を やんわりと明るくさせた。

泣きやまぬホトトギスの物悲しげな鳴き声が 新緑のひかりに溶け込んでゆく

木々の合間を縫って
我が子の寝顔も知らない
我慢を忘れた自由たちが 驚いたように飛び去って行く。







yamabuki0805-5.jpg


木陰に咲いてこそ 黄金(やまぶき)の花


Canon PowerShot S3 IS












≪ 皐月の嵐 ≪    HOME    ≫仲がいいにも ほどがある。 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。