BADRUN:

 

     
      
≪ 仙人掌の華 ≪ ≫ 後楽園の夕刻 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おだまり!」と心の中でつぶやいてみた。
2008.06.14 (Sat)



   生まれたての朝の光は ちっとも落ち着きがなく
   古びた団地の隙間を 風息とともにあわただしく駆け抜ける。 







odamaki0806-2.jpg

   小鳥の囀りとともに ベランダに置かれた洗濯機のモーター音がせわしなく 時を焦らせている。
   ゴンゴンゴンって脱水の始まったドラムの唸り声が 順調に響きだすと
   誰も彼もが後ろから押し出されたように 団地の階段を駆け降りてくる。

   ちょっとだけ太陽の位置を確認しては 同じ軌跡を描いて流れてゆく。





odamaki0806-3.jpg

   そんな時の流れに逆らうようにファインダーを覗いてるぼくは 
   後ろめたさを引きずっていて
   犯罪者の心理に近づいてゆく気がしているんだ。

   いつもの朝の風景に似付(につか)わしく無い 異物に出くわしたような
   そんな視線を感じている。





odamaki0806-4.jpg

   誰かが咳をするたび 窓をあける音がするたび
   ありふれた朝の騒音が 責め立てているようで
   後ろめたさを引きずった 臆病なぼくは
   まるで野良猫のように こころが一瞬 立ち止まってしまう。






odamaki0806-5.jpg

   そんな ぼくを追い払おうとするかのような 咳払いが聞こえてくるたび
     
   「おだまり!」って心の中でつぶやいてみるんだ。
   自分の心の中にある なにかに向かって問いかけるようにして。







odamaki0806-6.jpg

   おだまきの花は 朝の風息に右に左にと翻弄されている。    


      おだまき!







odamaki0806-7.jpg


Canon PowerShot S3 IS






≪ 仙人掌の華 ≪    HOME    ≫後楽園の夕刻 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。