BADRUN:

 

     
      
≪ 凌霄花 ≪ ≫ 思ったより夜露は重た過ぎて 足元を濡らしてゆく ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿原のうぐいす
2008.07.30 (Wed)



 ぼんやりとした稜線から湧き出してくる層雲は 天空を覆い尽くすほどの巨大UFO母船のようで 
 山肌をなめるようにして 湿原の上空をゆっくりと移動してゆく。

 



yasimasitugen0807-12.jpg

 時折 サーチライトの光を投下させ なにか大切なものを探しているみたいで
 丘のひとつひとつ 湿原の隅々まで丹念に照らし出していた。

 不規則に移動するその光が 無くしたものを見つけ出してくれることを 願っている。

 不明瞭な記憶の断片 閉じ込めてしまった都合の悪い思い出。
 いまさらって気がしない訳ではないが 
 それをちゃんと確認しなくっちゃ 先に進めないような気がするんだ。
 だけども そうとう深くまで閉じ込めたみたいで 輪郭が掴めない。 






yasimasitugen0807-13.jpg

 苔むしたズミの茂みの中 里を逃れてきたウグイスがしきりに さえずっている。






yasimasitugen0807-14.jpg

 丘の上の駐車場には 数台の観光バスが到着したようで
 目覚めたての湿原は 木道を下ってくる喧騒の中に飲み込まれていった。

 行き場を失ったウグイスは 臆することなく
 縄張りを誇示するかのように 鳴き続けている。


 もう 逃げる場所なんって 無いんだ。





yasimasitugen0807-15.jpg









yasimasitugen0807-16.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ





≪ 凌霄花 ≪    HOME    ≫思ったより夜露は重た過ぎて 足元を濡らしてゆく ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。