BADRUN:

 

     
      
≪ 迫りくる雲と太陽 ≪ ≫ 艶麗 白樺の裸体 御野立公園 ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御射鹿池
2008.11.14 (Fri)





西に傾いた陽射しを取り込んで 
唐松は黄金 (こがね) の穂先に 赤錆色 (あかさびいろ) を徐々に含ませ
そして 落ち着きを取り戻した水面 (みなも) に 己の景色を描きはじめた。








misyakaike0811-2.jpg



すべての音を吸収したかのような 森閑 (しんかん) とした風景の中で
時折 姿も見せず物淋しい 甲高い鹿の鳴き声が唐松林の向こう側から 響いてくる。

刹那さの波動に同調するかのように 
水面の落葉 (らくよう) はゆっくりと 弧を描いて広がってゆく。










misyakaike0811-3.jpg

     
   深く沈みこんだ色合いのなかに 白をにじませ 
   水面 (みなも) は まるで雄鹿の角のような白樺の姿を 描き出して見せた。












misyakaike0811-4.jpg









misyakaike0811-5.jpg


OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ



≪ 迫りくる雲と太陽 ≪    HOME    ≫艶麗 白樺の裸体 御野立公園 ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。