FC2ブログ

BADRUN:

 

     
      
≪ 過去へ ≪ ≫ 未来へ ≫

スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後楽園の夕刻
2008.06.15 (Sun)











kourakuen0806-2.jpg

スクリーンに映し出されるのは悲しいニュース
画面が大きすぎて仮想現実の世界。





OLYMPUS CAMEDIA SP-570UZ





路上に棄てられたひとりぼっちのクリスマス
2006.12.25 (Mon)



 悲しみや苦しみを 少しずつ千切り取って重ねてみた。


x061225-2.jpg

 誰かがそれを美しいと言って 必要とされた。
 それは 望んだ事ではない。

 だから 足元のひとつを抜き取ってみた。
 

x061225-3.jpg

 音も立てずに崩れ去った。
 
 穏やかなイブの始まりも
 終わりに近づく間際に 冷たい風が吹いた。

 飾られることもない クリスマスツリー。

x061225-4.jpg



一瞬の夢のようにそれは通り過ぎた。
2006.06.26 (Mon)

energy060615-1.jpg

 熱い情熱を消す間もなく
 握りつぶした しわくちゃになった夢を 広げてみても
 破り捨てた 想いを 繋ぎ合わせてみても

 何も変わらない今日が ここに ころがっている。
 
 明日を夢見ようにも 今日の一歩を踏み出さなければ始まらない。
 無駄だとおもう明日に繋げる わずかな夢を握り締めて。







いにしえの
2006.06.19 (Mon)



 一晩中音をたてて泣き続けた霖雨も 
 明るさを増すたびに 霧雨へと変わった。


maturi060617-2.jpg

 清められた アスファルトは
 街の喧騒を呑み込み 騒音の中に静寂をもたらす。


 古老のかしわ手を打つ音が ひとつふたつ ・・・ ビルの谷間に鳴り響いた。

maturi060617-3.jpg



雨の日の言葉
2006.06.14 (Wed)



 恩着せがましく やさしさの押し売りをするよ。

harajyuku060614-2.jpg

 感覚が麻痺するくらい めいっぱいにね。
 気がつくたびに 重い荷物を持ってあげよう。
 あたりまえの感覚になるように。


harajyuku060614-3.jpg

               こころが軽くなって きれいでいられるように。

 
harajyuku060614-4.jpg



神の場所悪魔の場所
2006.03.08 (Wed)



 神はいつも見ているだけで 手を出す事はしなかった。
 悪魔もまた いつも見ているだけで 手を出す事はしなかった。


jinja060307-2.jpg

 神にも悪魔にも 見放されたと慟哭したとき
 それ以前に そう ずっと前に 自分が自分自身を見放していた事に 気づいていなかった。


jinja060307-3.jpg

 人はひとのおこないをいつも見ていた。 人は神にもなったし石にもなった。
 悪魔は心の隙間に棲みついたが 手出しをする事は無かった。

 だが 自分自身がそれを育てた。



jinja060307-4.jpg

 祈ることは 望む事じゃない 自分自身に気づくことなんだろうか。



≪ 過去へ ≪    HOME    ≫ 未来へ ≫
     

profile

  えび

〇 Link free     ありがとうございます。 感謝しています。
気に入って頂けました画像がありましたら 著作権は放棄しておりませんが
個人的に使用される場合のみ お持ち帰りになって個人の責任において
使用および二次加工して頂いても結構です。
一方通行的なBLOGであることをお許しください。 観てくださった皆様に感謝しています。

  えび

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。